« 2016年 台湾旅行記(20) 安平豆花でレモン味の豆花を食べる(動画) | トップページ | 2016年 台湾旅行記(22) 自強号117列車は高雄駅に到着 »

2016.03.07

2016年 台湾旅行記(21) 台南駅から自強号(T.C.Ltd EXP)117列車で高雄へ

Img_9232

 やっと台南駅に戻ってきた。しかし、時間がかかった。往きはタクシーで15分くらいだったが、帰りはバスで1時間かかった。乗客が少ないのも分かる気がする。写真は、台南駅前の様子。ロータリーの正面に四角い立体をリボンで結び、その上に鳥が飛んでいるような、奇妙のオブジェがある。


Img_9230

 これから高雄へ向かう。台鉄の時刻表をみると、14時15分発の自強号(特急 T.C.Ltd EXP)に乗るのが良さそう。先発の各駅停車に乗っても行けるのだが、せっかくなので、特急を待って乗る。


Img_9231

 iPhoneアプリ拡大メモに、「14:15 自強 台南 對號座 」と表示し、窓口でiPhone画面を見せながら「カオシュン」と伝える。カオシュンまでの料金は、106元(約400円)。


Img_9234

 案内表示の右側が「南下」。これから乗る自強号117列車は、2A月台(ホーム)からの発車となる。右端に「晩8分」と表示されているのは、「8分遅れ」という意味。そろそろ、自動改札を抜けてホームへ入ろう。


Img_9235

 地下通路を通り、2A月台へ。


Img_9236

 この階段を上がる。


Img_9237

 ホームでは多くの乗客が電車を待っている。2A月台の反対側は2B月台。一つのホームの左右をA・Bで表示するのが台湾流。

Img_9242

 ちょっと厳つい顔の電車が入線してきた。これが自強号の先頭車。


Img_9243

 特急電車だけあって、窓が広く取られている。新幹線が開通してからも、自強号の人気は高く、満席になることが多いらしい。新幹線の駅が、中心部から離れており、また料金もかなり割高。急ぐ旅でなければ、在来線の特急の方が便利でリーズナブル。


Img_92441

 2号車の後方ドアから、列車に乗り込む。台南で降りる客も多いが、ここで乗る人も多い。車内は、満席に近い。

 当初の計画では、列車の旅を楽しむため、新幹線ではなく、この自強号で台北から高雄へ来ようと思っていた。しかし、そうすると5時間ほどかかり、街歩きの時間がとれなくなる。今回は日程も短いので、妥協して新幹線利用に変えた。次に台湾へ来るときは、自強号・莒光号などを使った旅をしよう。

|

« 2016年 台湾旅行記(20) 安平豆花でレモン味の豆花を食べる(動画) | トップページ | 2016年 台湾旅行記(22) 自強号117列車は高雄駅に到着 »

旅行記 台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年 台湾旅行記(20) 安平豆花でレモン味の豆花を食べる(動画) | トップページ | 2016年 台湾旅行記(22) 自強号117列車は高雄駅に到着 »