« 2016年 台湾旅行記(34) 美麗島駅と六合夜市(動画) | トップページ | 2016年 台湾旅行記(36) 台湾新幹線936列車で、高鐵桃園へ向かう »

2016.04.04

2016年 台湾旅行記(35) 高鐵左営駅から新幹線で台北に戻る

Img_9402

 ホームに降りると、既に台北行き1682列車は到着しドアが開いていた。指定の2号車をさがし乗り込む。新幹線に乗れば、あとは終点の台北で降りるだけなので気がラク。土曜の夜ということもあるのか、乗客は少ない。


Img_9403

 指定席は2号車19A台北行きだと、進行方向2列目となる。日本の新幹線とちょっと異なるのは、客室の一部が荷物専用の場所になっているところ。日本の新幹線にも、こういう配慮は必要では無いだろうか。


Img_9404

 台北到着は21時48分。少し遅い時間だが、ホテルが駅のすぐそばなので気にならない。駅隣接のホテルは便利な上、安心感がある。

 「1682」という列車番号の隣に、左営駅のスタンプが押されている。スタンプの日付が「105.1.23」となっている。この「105」というのは、民国紀元。中華民国が成立した1912年を紀元(元年)とする紀年法である。西暦1912年が民国紀元1年なので、西暦2016年は民国紀元105年となる。


Img_9410

 週末夜の台湾新幹線は、乗客が少ないこともあり快適な列車旅となった。ほぼ定刻に高鐵台北駅に到着。


Img_9411

 ホテル最寄り出口に近い「中山地下街」方向へ進む。


Img_9414

 スロープと階段が組み合わされたプロムナードを下り、


Img_9417

 このエスカレーターを上がると、


Img_9419

 ホテルのすぐ前に出てくる。近くのローソンで、台湾ビールとつまみを買ってから、ホテル(ユリシスホテル 台北)に帰る。3流ホテルだが、立地だけでいうとかなり便利。しかも、フロントから「数歩」で自分の部屋に入れるところが、すばらしい。
 

|

« 2016年 台湾旅行記(34) 美麗島駅と六合夜市(動画) | トップページ | 2016年 台湾旅行記(36) 台湾新幹線936列車で、高鐵桃園へ向かう »

旅行記 台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年 台湾旅行記(34) 美麗島駅と六合夜市(動画) | トップページ | 2016年 台湾旅行記(36) 台湾新幹線936列車で、高鐵桃園へ向かう »