« 高知空港駐車場料金(30分無料) | トップページ | B787 ずっと手を振り続ける操縦士たち(動画) »

2016.05.14

三翠園 13階の謎

Img_0635

 三翠園は、高知市中心部、山内家下屋敷跡に建てられた老舗旅館(ホテル)。高層ビルがほぼ無かった時代に建てられた高層ホテル(14階建て)で、開業当時は、その高さで、一世を風靡した。

 14階には展望レストランがあり、そこからは、北に高知城の雄姿が、またすぐ南には鏡川のゆったりした流れが一望できる。また、夏の納涼花火大会では、花火鑑賞の特等席となる。

 この建物ができたのは、私がまだ小学生だった頃のこと。子供心に、14階という階数は、13階を避けているのだろうと、気づいていた。

Img_0636

 13階は、一応あるが、客室は存在しない。この階にあるのは、いくつかの部屋と屋上バルコニーのみ。ひとけが無く、不気味な雰囲気が漂う。昔は、このバルコニーから、花火を見たことがあったように思う。

Img_0634

 ひとつの部屋は、ライオンズ事務局になっていた。14階の展望レストランあった場所は、今、通常は使用されてない。

 夜、ひとりで13階に上がってくるのは、ちょっと勇気が要りそうだ。

|

« 高知空港駐車場料金(30分無料) | トップページ | B787 ずっと手を振り続ける操縦士たち(動画) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高知空港駐車場料金(30分無料) | トップページ | B787 ずっと手を振り続ける操縦士たち(動画) »