« Amazon99円セールで購入 CREA Traveller 2015 歓びのスペイン | トップページ | イオンシネマのインターネット予約方法 »

2016.05.10

「ガウディの伝言」を再読中

Photo 光文社新書「ガウディの伝言」を再読している。この本は、2006年に発行されているが、私が買ったのは2009年のこと。久しぶりに、この本を読みたくなって、本棚から取りだしてきた。

 著者、外尾悦郞氏は、サグラダ・ファミリアの主任彫刻家。世界遺産である生誕の門に設置されている15の天使像は、著者の作品。

 外尾氏の仕事は、設計図や模型がほとんど残っていないサグラダ・ファミリアで、ガウディならどう考えるのかを模索しながら、建築を進めていくこと。この本の内容はとても密度が濃くて、ざっと読んだだけでは理解できない部分も多い。

 私が中学の時、音楽の教科書の表紙にサグラダ・ファミリアが使われていた。「なぜ横にクレーンが写っているのか」と表紙を見る度に疑問に思ったことを記憶している。

 ずっと先と思われていたサグラダ・ファミリアの完成は、アントニ・ガウディの死からちょうど100年後にあたる、2026年の完成が予定されている。ちょうど、今から10年後の完成ということになる。

 未完であることに価値があるのか、完成形が価値があるのかは、意見が分かれるところだが、2026年完成と決まったのであれば、完成前の工事中のサグラダ・ファミリアを、ぜひ一度見ておく必要があるだろうと思っている。

Sagradafamilia
 

|

« Amazon99円セールで購入 CREA Traveller 2015 歓びのスペイン | トップページ | イオンシネマのインターネット予約方法 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Amazon99円セールで購入 CREA Traveller 2015 歓びのスペイン | トップページ | イオンシネマのインターネット予約方法 »