« バルセロナ地下鉄の注意点 特に、L5 El Coll La Teixonera駅(エルコル/ラテクソネラ) | トップページ | ルフトハンザ LH716便(NH5854便) 機内食 (フランクフルト⇒ 羽田) »

2016.06.01

マドリッド バラハス空港と市内中心部を結ぶ空港バス(エクスプレス・アエロプルト)は、ターミナル4 始発

Image

 バルセロナからマドリッドまでは、vueling航空を利用した。vuelingが到着するのは、マドリッド・バラハス空港ターミナル4。

 ターミナル4は、とても明るくきれいな場所で、ここから市内中心部へは、空港バス(エクスプレス・アエロプルト Bús Exprés del aeropuerto)が便利。空港から市内まで(終点はアトーチャ駅)は40分ほどかかる。料金は5ユーロで、切符は運転手から購入する。

 ちなみに、アトーチャ駅はマドリッド中心部の南に位置する古い駅。1992年まで使用されていた旧駅舎は、外観はそのまま保存され、内部は植物園風に改装されている。

Image_2

 空港バスは、到着ロビーを出た先の右手側前方に停留所がある。このバスは第4ターミナル始発なので、基本的に座ることが出来る(はず)。

 このバス乗り場、意外と分かりにくく、あちこち捜しまわって、やっとバス乗り場に着いたとき、このバスを見つけたのだが、誰も乗っていなかったので、ひょっとして、さらに前に別のバスがいるのかな?と思い、さらに前方へ探しに行った。

 しかし、前方に停車していたバスは、ターミナル間移動用の無料バス。元の場所に戻ってくると、空港バスは無人のまま出発していたため、次のバスを待つはめになった。

Image_3

 ↑つぎにやってきた空港バス。

 バスはターミナル4を出発すると、ターミナル1、2、3に向かう。ターミナル4とターミナル1、2、3はかなり離れているため、ターミナル4でバスに乗ってから、空港ターミナルを完全に出るまで、けっこう時間かかる。

Image_4

 しかも、マドリッド市内で、あちこち停車しながら乗客をおろしていくので、時間的に言えば、タクシー利用の方が遥かに早い。交通渋滞の事など考慮し、時間的に余裕がないときは、タクシー利用の方がよさそう。

Image_5

 上の写真は、バス停から上を見たところ。斬新なデザインであることがわかる。屋根を支える柱が、上に向かって分岐していく様子は、若干、サグラダ・ファミリア風。

 なお、エクスプレス・アエロプルトは、24時間運行となっており、日中は、1時間に3〜4便。深夜は、1〜2便となる。また、タイムテーブルは、平日と土日祝日で若干異なる。

Img_8381

|

« バルセロナ地下鉄の注意点 特に、L5 El Coll La Teixonera駅(エルコル/ラテクソネラ) | トップページ | ルフトハンザ LH716便(NH5854便) 機内食 (フランクフルト⇒ 羽田) »

旅行記 スペイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バルセロナ地下鉄の注意点 特に、L5 El Coll La Teixonera駅(エルコル/ラテクソネラ) | トップページ | ルフトハンザ LH716便(NH5854便) 機内食 (フランクフルト⇒ 羽田) »