« スイカで在来線から新幹線への乗り換え | トップページ | ブエリング航空 vueling VY1025便 搭乗記 バルセロナ=>マドリッド(後編) »

2016.06.10

ブエリング航空 vueling VY1025便 搭乗記 バルセロナ=>マドリッド(搭乗編)

Img_3849

 vueling VY1025便(エアバスA320)が駐機しているのは、B44ゲート。ボーディングブリッジがずいぶん長く見える。この付近のゲートは、ボーディングブリッジとバス、両方の搭乗に対応している。

 バスを使う場合は、写真右に見える円柱状の建物の下にバスが停まり、そこから乗車する。

Img_3851

 そろそろ搭乗となる。シートは機体後方「30F」を指定しているため、前方席の人達より先に機内へ。

Img_3853

 搭乗券のチェックを受けたあと、機体に向かって歩いて行く。両側ガラス張りの通路は、見晴らし良く快適。

Img_3856

 さらにボーディングブリッジを進む。機体に近づくにつれ、通路が混み合ってくる。

 A320のような、ナローボディー機は、通路が真ん中1本だけなので、どうしても搭乗に時間がかかる。しかも、LCCの場合は、少しでも料金を抑えようと、皆、極力荷物を持ち込みにしているので、よけい時間が掛かる傾向がある。

Img_3858

 少しずつ前進し、入口に近づく。このボーディングブリッジは、下へ向かっている階段部分にも、アクリル製の雨よけが装備されている。

 一般的に、この階段は、搭乗員や掃除要員が機内に出入りする場合に使う。細かい心遣いを感じるようなボーディングブリッジである。

Img_3862

 搭乗寸前、ボーディングブリッジ、最後の窓から見える景色。ボーディングブリッジには大きなミラーがついている。

Img_3861

 だいぶ待たされたが、いよいよ機内へ入る。ちなみに、ドアに書かれている「SALIDA」とは出口のこと。このドアは入口ではなくて、出口という位置づけ。

Sunday 29 May 2016 Flight VY1025
Barcelona (BCN): T1 15:25 ⇒ Madrid (MAD): T4 16:45

※関連投稿:ブエリング航空 vueling VY1025便 搭乗記 バルセロナ=>マドリッド(前編)

|

« スイカで在来線から新幹線への乗り換え | トップページ | ブエリング航空 vueling VY1025便 搭乗記 バルセロナ=>マドリッド(後編) »

旅行記 スペイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイカで在来線から新幹線への乗り換え | トップページ | ブエリング航空 vueling VY1025便 搭乗記 バルセロナ=>マドリッド(後編) »