« JAL495 羽田発高知空港行き 北側からの進入はちょっとスリリング | トップページ | バルセロナ郊外の聖なる山・モンセラットへ(5) カタルーニャ鉄道 »

2016.09.20

川崎重工120周年記念展の飛燕

29182606553_db6e158021_c

写真は、コンチェルトの船内から撮ったものです。工場の壁に大きくKAWASAKIの文字が見えます。

川崎重工業は、創業者・川崎正蔵が、東京築地に川崎築地造船所を、神戸に川崎兵庫造船所を設立したのを起源としています。

造船をはじめとして、今では二輪車・鉄道車両・航空機・ガスタービン・産業プラント・ロボットなど、多岐にわたる商品を製造している会社です。

川崎重工は、今年、120周年を迎えます。

これを記念して、神戸ポートターミナル・大ホールで、10月15日から11月3日まで記念展が開催されます。

復元した三式戦闘機「飛燕」も展示されるそうですので、ちょっと見てみたい気もしています。

ちなみに、入場は無料です。

|

« JAL495 羽田発高知空港行き 北側からの進入はちょっとスリリング | トップページ | バルセロナ郊外の聖なる山・モンセラットへ(5) カタルーニャ鉄道 »

行ってみたい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JAL495 羽田発高知空港行き 北側からの進入はちょっとスリリング | トップページ | バルセロナ郊外の聖なる山・モンセラットへ(5) カタルーニャ鉄道 »