« バルセロナ郊外の聖なる山・モンセラットへ(4) カタルーニャ鉄道 | トップページ | 川崎重工120周年記念展の飛燕 »

2016.09.19

JAL495 羽田発高知空港行き 北側からの進入はちょっとスリリング

Img_9370

羽田からの帰りもJAL便を利用しました。14:05羽田発のJL495便、帰りも右側の後部座席です。この席からだと、エンジンは見えないのですが、主翼に機体番号JA347Jと書いてあるのが、はっきり見えます。

Img_9371

JA347Jの座席はスカイネクストではなく旧型のシートのままでした。そのうちスカイネクストの仕様に改装されるのでしょう。

Img_9372

高知空港への着陸は、海側からの進入になる場合が多いのですが、この日は陸側からとなりました。

Img_9373

海側だと、あまり感じないが、陸側からだと、高度が下がっているのが如実にわかり、やや怖さを感じる。しかも、着陸寸前に左ターンしていくので、なかなかスリリング。この日も、昔の香港啓徳空港のように、ぐっと回り込んで、いきなりの着陸。

やはり、南側からの進入の方が、心穏やかにいられていいですね。

|

« バルセロナ郊外の聖なる山・モンセラットへ(4) カタルーニャ鉄道 | トップページ | 川崎重工120周年記念展の飛燕 »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バルセロナ郊外の聖なる山・モンセラットへ(4) カタルーニャ鉄道 | トップページ | 川崎重工120周年記念展の飛燕 »