« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の7件の投稿

2016.10.25

バルセロナ郊外の聖なる山・モンセラットへ(11) Sant Joan

Img_9948

向こうに見える建物がSant Joan行きのフニクラ乗り場です。
ここからケーブルカーに乗り、一段高い場所に移動します。

Img_9947

建物に入ったところで切符を購入する。
往復で10.5ユーロ、わずかな距離でこれはちょっと高すぎるように思うが仕方ない。
ディスプレイの下のマークはなぜかエプソン。

Img_9946

階段状のプラットホームからフニクラ車内に入る。

Img_9945

これがレシート状の乗車券です。
改札で、上の部分が少し破られました。

SANT JOAN というのは、このケーブルカーが着く先にある祈祷庵です。
今回は時間が無いので、そこまでは行けません。

Img_9944

私の前にオーストラリア人らしい(私の直感ですが)グループがいて、キャーキャー騒いでいます。
天井の窓も開くようになっていて、なかなか開放的な車内です。

フニクラはぐんぐん坂を上り、すぐに到着。
景色を鑑賞するほどの時間はありません。
エレベーターに乗っているような感覚でした。

Img_9943

フニクラで到着した駅です。
駅の二階が展望施設になっています。
ちなみに、帰りは、この駅舎の外壁右沿いの階段を降りて行ったところが乗り場になっています。

Img_9942

フニクラの駅に自販機があったので購入。
バルセロナを出た時から、お茶など何も持ってなかったので、やっと喉を潤すことができました。

Img_9941

展望台からモンセラット修道院を見下ろしたところ。
よくこんな山の中に、立派な施設を作ったものです。

Img_9940

この場所から、いくつかのハイキングコースがあるようですが、私は夕方にカサ・バドリョの見学を予約してあるので、そろそろ戻らなければ行けません。

短時間の滞在でしたが、そのまま下りのフニクラに乗ります。

| | コメント (0)

2016.10.23

バルセロナ郊外の聖なる山・モンセラットへ(10) 黒いマリア様

Img_9929

モンセラット大聖堂の内部に入ります。
ちょうどミサが終わろうとするところでした。
祭壇の奥中央の高い位置見えるのが黒いマリア様です。

Img_9928

よく見ると黒いマリア様像の前を人が通り過ぎているのが分かります。
これは、先ほど右側の回廊に並んでいた人々の目的です。
黒いマリア様に間近で対面することができます。

Img_9927

一旦、修道院前の広場まで出て、右側の列に並んでみます。
広場の外まで、列が続いているのです。
列は思っていたより早く進み、回廊の下に入ります。

Img_9926

その時突然、向かい側にある建物の上の鐘楼が鳴り響きました。
いくつもの鐘が、重なり合ってなっているので、重々しい響きとなります。

Img_9925

やっと入り口まで達しました。
ドアの上には、沈黙と書いてあります。
内部に入ると、今まで長く待ったされたのが嘘のように、列はどんどんと進んでいきます。
教会の内部では、賛美歌が合唱されていました。

Img_9924

階段の先に見えるのが黒いマリア様です。
マリア様は、右手に丸い玉を持っており、それだけがガラスのケースから外に出ています。
見学者はその玉に触ったり、いろいろしたりします。
ちなみに、私はその玉に触っただけです。
黒いマリア様との対面は、一瞬で終わるのですが、ご利益あったでしょうか。

Img_9923

広場に戻り、周りを見回していると、この場所よりさらに高い場所へ登るフニクラ(ケーブルカー)があるのに気づきました。
これに乗らない手はないと、フニクラ乗り場へ向かいます。

| | コメント (0)

2016.10.21

JL490 高知発-羽田行 (JA316J / JAL Sky Next)

Img_9657

最近、高知から東京へ行く場合は、基本的にこのJAL490便を使うことが多い。
先月は1回、今月は2回、この便を利用した。

JAL490便の出発時刻は7時15分、羽田到着は8時25分となっている。
出発時刻が早いので、空港へ行くまでがちょっとたいへんだが、東京に着いてからの時間を有効に使える。

Img_9662

7時頃、機内へ。座席指定は38K、後方の右側。
週末の出発便ということもあり、ビジネス色は薄いが、ほぼ満席だった。

Img_9664

JAL機内誌、今月号のSKYWARDの特集は、「スペイン」と「韓国」と「高知県」。
先週の東京行きで、すでに読み尽くしている。

スペインの項目では、マドリッドのフラメンコが取り上げられていた。
今年、5月に訪れたフラメンコの店が載っており、その時見たダンサーの写真も。

Img_9665

座席は、最新装備のスカイネクストに置換されている。
この機体には、Wi-Fiサービス機能(Gogo)があり、15分間だが無料でネット接続できる。
どうしても必要というものでもないので、有料で利用する人はほぼいないだろうが、無料なら使う。

Img_9669

雲が厚く、上昇中は、多少揺れた。
水平飛行になると、安定。ドリンクサービスは、前回同様に、コンソメスープを注文。

Img_9672

そろそろ着陸。
いつもは、富士山の見える左側の席を指定するのだが、今回は右側。
東京湾アクアラインを右手に見ながら降下していく。

その先の川崎人工島(風の塔)もきれい見えた。
ちなみに、風の塔はアクアトンネル用の換気口。

大きな塔と小さな塔を組み合わせて作られており、大きな塔は高さ90m、小さな塔でも75m。
上空から見ると小さな構造物に見えるが、実際にはかなり大きなもの。

Img_9674

羽田沖合のD滑走路が見えると、すぐに着陸。

Img_9675

一昔前は飛行利用を極力避けていた。
最近では飛行機好きになって、よく利用するが、やっぱり地上に無事着くと、ほっとする。

現在、高知発羽田行きの1便は、JALもANAもB737-800となっている。
どちらを選んでも変わり映え無く、面白みが少ない。

ANAが1便で、B787を飛ばしてくれれば、そっちを選ぶのに・・・と、いつも思う。

2016/10/14搭乗

| | コメント (0)

2016.10.18

新宿Newoman(ニュウマン)のブルーボトルコーヒーを試してみた

Img_9857

ブルーボトルコーヒーを試してみようと、新宿Newoman(ニュウマン)へ行った。

NEWoManは、株式会社ルミネが新宿駅南口に新たに作った商業施設で、従来のルミネとは異なるコンセプトで作られているという。

NEWoManという名前は、「新しい女性のための新しい出会いの場」という意味らしい。
7階建てのビルで、一部は新宿駅ホーム上にあり、高速バスターミナル新宿バスタと一体化されている。

Img_9867

新宿Newomanの一階にあるブルーボトルコーヒー新宿カフェに入る。

この店舗へは、外側からも直接入れる入口が何ヵ所かあります。
柱に、基本的なメニューが表示されています。

Img_9868

列に並んで待っていると、店員からメニューを渡されます。

ブルーボトルコーヒーの売りは、一杯ずつていねいに入れるドリップコーヒーにあると認識しているので、一番シンプルな、ドリップコーヒーのブレンドを注文。

このとき、名前を聞かれます。
出来上がると、名前で呼ばれる仕組みになっています。

Img_9872

あとは、このようなカウンターの前で、自分がオーダーした商品ができあがるのを待ちます。
およそ8分くらい待たされました。

Img_9873

こちらは、エスプレッソ系コーヒー用のマシンです。

Img_9876

店内は、けっこう広く見えるのですが、椅子が少ないため、ゆっくり過ごすような環境ではありません。
私が行った時も、椅子席は空いておらず、仕方なく、外のベンチでコーヒーを賞味しました。

ひとくち飲んでの印象は「酸味の強い単純な味のコーヒー」という感じ。
一杯ずつていねいに入れているというコンセプトからすると、期待外れの味でした。

まぁ、はやりの店なので、コンセプトに実態が追いついていない、ということでしょう。

一回飲んでみただけなので、結論を言うのはおこがましい限りですが、もう少し全体的なレベルを上げないと長続きしないのでは、と感じました。

| | コメント (0)

2016.10.13

バルセロナ郊外の聖なる山・モンセラットへ(9) 大聖堂

Img_3097

ゆるい坂道をのぼって、右に回り込むと、そこが修道院の入口。
この先に、修道院付属の大聖堂があります。

Img_3099

両脇を建物に囲まれたゆるかやなスロープを上がっていきます。

Img_3101

モンセラット修道院前の広場に出ました。
後ろ側の山が、建物に覆い被さるような感じで迫力を感じます。

Img_3103

広場から更に奥に進みます。
右端の通路には、人が並んでいます。

Img_3106

通路を抜けて、中庭のような場所に出ます。
この正面が、修道院付属の大聖堂です。

扉の上には、何体もの彫像があり、その上にステンドグラスの丸窓、そしてさらに上には時計が見えます。

Img_3107

中庭の右側には、多くの人が列を作って待っています。
これは、黒いマリア像へ続く見学者の列です。

Img_3108

黒いマリア像は、大聖堂正面、主祭壇中央「磔り付けのキリスト像」の上に設置されています。
この黒いマリア像に対面しようと多くの人々が並んでいるわけです。
私も、大聖堂の内部を見学したあとに、この列に並ぼうと思っています。

| | コメント (0)

2016.10.08

バルセロナ郊外の聖なる山・モンセラットへ(8) 山頂に到着

Cthw7y_vuausy5sjpg_large

モンセラットの終点駅に到着しました。
ロープウェイの駅は、坂道の途中にあります。
ここからモンセラット修道院に行くには、坂道を少し登る必要があります。

Cthxnrrusaar_1pjpg_large

ロープウェイの終点から、下を見ると、このような階段状の歩道が続いています。
ここを歩いている人たちは、ずっと下の方から歩いて登って来たのでしょうか。

Ctq9airusaelwypjpg_large

歩道に並行する線路を登山電車が通過する。
帰りは、この電車に乗って下山するつもりです。

Ctq9f4nueaauf_0jpg_large

ラックレール式の登山電車なので、線路の真ん中にラックレールが敷設されています。

Ctqesuuaaedxj8jpg_large

脇を見ると、次のゴンドラがちょうど到着するところでした。
上から見ると良くわかりますが、ゴンドラは変形の12角形でした。

Ctquwiuaaad9tkjpg_large

線路側の歩道を上に向かって歩いて行きましょう。

Ctq_utbvyaaanqejpg_large

このあたりから見ると、特徴のあるやまなみの様子がよくわかります。
ちょっと丸っこい岩山が連なっています。

Ctwfleluiaapntijpg_large

歩道の先に見えるのは、登山電車の駅です。
その脇をすり抜けるようにして、さらに上がっていきます。

Ctwfo65uiaavowsjpg_large

駅の左側には、下方向へ向かうケーブルカーの駅が見えます。

Ctwgbtcueaaxqwujpg_large

急坂を登ってくるケーブルカーです。天井がガラス張りになっています。

Ctwhwyovuaazae1jpg_large

歩道を登りきって広い場所にでてきました。左側は登山電車の駅入口です。
右上には、モンセラット修道院などがあります。
修道院に行くには、この先右側の階段を上がるか、この道をそのまま進んで道なりにUターンしてさらに進むと到着します。

Ctwi3hluiaioyr5jpg_large

振り返って見おろすと、また登山電車が通っていきました。

Ctwkpwaumaajhbqjpg_large

このあたりの案内図です。
2番に表示されているのが、モンセラット修道院付属の大聖堂です。
ここに、有名な黒いマリアさまがいます。あとで、面会するつもりです。
案内図をじっくり見て、構造を理解した上で、先に進みます。

| | コメント (0)

2016.10.03

バルセロナ郊外の聖なる山・モンセラットへ(7) ロープウェイ

そろそろ、モンセラット行きのロープウェイに乗ります。

今回のスペイン行きでは、バルセロナ近郊へのミニトリップとして、モンセラットを選びました。

しかし、最後まで、どちらに行こうか迷った場所がありました。

それは、バルセロナの西80キロにある都市タラゴーナです。
ローマ帝国時代からの街で、古代ローマの遺跡が数多く残っています。

モンセラットとタラゴーナ、どちらに行くべきか、さんざん悩んだ末、今回はモンセラットを選択。

当初の予定になかったサンティアゴ・デ・コンポステーラへ日帰りで行ったため、バルセロナ滞在日程が厳しくなり、結局、タラゴーナは諦めました。

29867035522_b34fdfc906_b

モンセラットへ上るゴンドラに搭乗し、前方の窓前を確保。
ロープウェイはすぐに出発、地上がどんどん遠ざかっていきます。

Ctbwnh0ueaaquqojpg_large

ロープウェイは、山に向かって、どんどんと高度を上げていく。

Ctbw0qnvmaaqjoxjpg_large

そして、地上は、さらに遠ざかる。

Cthumfyvuaarpmujpg_large

降りてきたゴンドラと一瞬で、すれ違う。
ここからは見えない崖の向こう側が気になります。

Cthuxt1ueaevkknjpg_large

上昇するにつれて、崖が間近に迫ってくる。
この写真では伝わらないとは思いますが、なかなかスリリングです。

Cthvmuoukaadvh5jpg_large

崖の縁を通過すると、上方に建物が見えてきます。

Cthvlmsusaieoijpg_large

また、進行方向には、ロープウェイの終点が見えてきました。
崖に突き刺さるように作られたロープウェイの終点駅です。

Cthwwcgvmaazmpojpg_large

そろそろ終点です。
駅に近づくと、崖の状態が良く分かり、さらに恐怖を感じます。

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »