« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月の4件の投稿

2018.12.27

釧路フィッシャーマンズワーフは釧路のランドマーク

Img_1789

弊舞橋(ぬさまいばし)から見る釧路フィッシャーマンズワーフMOOです。

このあたりのランドマークと言えるような特徴ある外観の建物。1989年に開業していますが、バブル崩壊後に年々売上が減少。

1階に釧路MOO市場という海産物や土産物をあつかう店が集合していて旅行者にとっては便利な場所ですが、その他には目立ったテナントがなく、その外観とはうらはらに、店内はややさびしい状況になっています。

2階から上には、ハローワーク、ジョブカフェ、健康推進化ホール、教育委員会などがあり、釧路の公共建築と考えれば、これはこれでいいのかもしれないですね。

| | コメント (0)

2018.12.17

2018年のフライトはピーチMM126便搭乗で終了

Img_1839

写真は、釧路空港です。釧路発・関空行き ピーチMM126便をもって今年のフライトは終了。結果として、今年のフライトは、合計30回となりました。

いちばん印象に残っているのは、羽田空港発・青森行き 日本航空 JL140便です。着陸前、雲の上に岩木山のてっぺんだけが見えたのが良かったですね。

また、いちばん疲れたのは、なんといっても、関空発・クアラルンプール行き エアアジアX D72便です。寒くて寒くて、まったく寝られなかったフライトです。

年末、高知空港にジェットスター(成田便・関空便)が就航するので、来年はジェットスターを利用することが多くなりそうです。1日1便のジェットスターをどのようにうまく使うか、なかなか悩ましいところです。


【2018フライト記録】

01-2/6 NH1616 高知 伊丹
02-2/7 NH1619 伊丹 高知

03-3/8 NH562 高知 羽田
04-3/8 NH223 羽田 フランクフルト
05-3/8 LH240 フランクフルト ローマ
06-3/12 LH9459 ベニス ミュンヘン
07-3/12 NH218 ミュンヘン 羽田
08-3/13 NH569 羽田 高知

09-4/21 JL490 高知 羽田
10-4/21 NH570 羽田 高知

11-6/8 NH568 高知 羽田
12-6/8 NH867 羽田 ソウル
13-6/10 OZ1085 ソウル 羽田
14-6/10 NH565 羽田 高知

15-6/15 JL490 高知 羽田
16-6/15 JL140 羽田 青森
17-6/16 NH554 函館 羽田
18-6/16 NH567 羽田 高知

19-7/17 JL490 高知 羽田
20-7/18 NH563 羽田 高知

21-8/4 NH562 高知 羽田
22-8/5 NH569 羽田 高知

23-10/6 D72 関西 クアラルンプール A330
24-10/8 D71 クアラルンプール 関西 A330

25-11/2 NH564 高知 羽田 A321
26-11/3 NH397 羽田 庄内 B767
27-11/4 NH396 庄内 羽田 B737
28-11/4 NH565 羽田 高知 B767-300

29-12/15 MM125 関西 釧路 A320
30-12/16 MM126 釧路 関西 A320

| | コメント (0)

2018.12.07

上野公園から見ることができた高層ビルはソフィテル東京

Dcp_1022

2000年3月25日に、東京・上野恩賜公園の蓮池あたりから撮った写真です。奇妙な形の高層ビルが気になって撮ったのです。長年、あれは何のビルなんだろうと疑問に思いながら過ごしていたのです。今は、上野公園から、このビルを捜しても存在せず、気になっていました。

今朝読んでいた本「東京のホテル(光文社新書 Kindle版)」に、このビルの写真が載っていてわかりました。ソフィテル東京という名前のホテルだったんですね。この建築物は、当初、ビジネスホテルチェーンの法華倶楽部が建てたものでしたが、その後、法華倶楽部が倒産し、海外ホテルチェーンにこのホテルを売却し、ソフィテル東京となっていたのでした。

そして、2007年にこのビルは解体されたそうで、現在は存在しません。おそらく建物の構造にかなりムリがあったのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2018.12.06

蔦屋書店開店から雨が続く

616e304a427546b9b24c643b233357a7

落ち葉の季節です。月曜日に蔦屋書店がオープンしてからずっと雨が続いています。稼ぎ時の今、雨は残念な気がします。そして、この暖冬も気になります。天気が良くて、寒い冬を期待してます。

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »