« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の6件の投稿

2019.05.31

Amazonの低価格ロボット掃除機「ILIFE V3s Pro ロボット掃除機」を買ってみた

事務所用にロボット掃除機を買ってみました。本家のルンバも入門機なら以前よりずいぶんとお安くなっていますが、Amazonで販売されている安いタイプを試してみることにしました。

I LIFE V3sという型番の商品で、レビューを見る限りでは、そこそこ使えそうな印象です。購入時の価格は、12,675円。タイムセールで少し安くなっていましたが、クーポンが利用できるため、ふだんでも14,000円ほどで購入できそうです。これくらいの価格だと、ちょっとためしてみようという気になりませんか?わたしは、ためしてみようと思いました。

Img_8394

購入したロボット掃除機です。上面に「CLEAN」というボタンがついていて、ここを押すことで掃除がスタートします。また、側面右横には電源スイッチがあります。このスイッチをオフにすると、タイマーなどで掃除機が勝手に動き始めるのを防ぐことができます。

Img_8385

商品はこのような箱に入って届きます。箱には「Beetles」というマークが付いています。たしかに、現物の動きを見ているとBeetlesという名前がふさわしく感じます。前方についている2つの回転羽根が、いかにも虫という感じで、見ていてあきない動きです。

Img_8393

箱の中身は、緩衝材に入ったロボット掃除機本体と付属品、説明書などです。しっかりした梱包なので、よほどのことが無い限り配送中に壊れることはなさそうです。

Img_8403

こちらが付属品です。充電ステーション、リモコン、ACアダプター、リモコン用乾電池、予備フィルター、予備回転はね、掃除用のはけです。回転羽根は、掃除中ずっと回っているので、一番最初にいたみそうです。

Img_8399

掃除機をひっくりかえすと、このように見えます。ルンバ同様に大きな車輪が2個と、先端部の小さい車輪。そして、前方2個所に回転羽根があります。回転羽根でつかまえたほこりを、吸引口から吸うという構造です。

Img_8402

先端部の車輪が汚れた場合は、これを引き抜いて掃除する必要があるようです。

Img_8425

ロボット掃除機の使い方として、リモコンでタイマーセットし、毎朝7時半頃から掃除が始まるようにしています。8時半頃には手動で停止させて充電ステーションに戻していますので、自動でステーション戻る機能はあまり使っていません。

壁を検知する機能があるため、壁にガツガツ当たるようなことはありません。また、掃除しているフロアーに階段が2個所ありますが、階段を検知する機能がうまく働いているため、落下するようなこと無く、安心して使えます。

ルンバの最新モデルと比較すれば、それなりに違いはあるのでしょうが、この格安ロボット掃除機でも特に問題無く使用できているので、これはこれでいいんじゃないかと思っています。

 


 

| | コメント (0)

2019.05.30

高知卸商センター協同組合 50周年記念ポスター展(高知卸団地×国際デザイン・ビューティカレッジ)

Img_8549

2019年5月22日~5月28日まで、高知 蔦屋書店で「高知卸商センター協同組合 50周年記念ポスター展」が開催されました。これは、高知卸商センター協同組合(高知卸団地)と国際デザイン・ビューティカレッジが共同で行う企画展で、あらかじめ専門学校の生徒達が各企業を訪問し、そこで会社や取扱商品の説明を受けることにより、ポスターのデザインを考案・制作。半年ほどの準備期間を経て開催となりました。

Img_8560

5月22日の高知新聞・朝刊には1面広告で、このポスター展の開催が大きく案内されました。卸・小売、いろいろな会社が集まっている高知卸団地ですが、このポスターを見ると、まさに、いろいろな会社があるんだなぁと実感できます。

Img_8545

右から1位(ケンベイ)、2位(ケンショー)、3位(卸団地組合)の作品です。一応、デザインコンクールなので順位がついていますが、他の作品もレベルが高いものが多く、さほど差があるようには見えませんでした。

Img_8515

作品は、蔦屋書店のテラスにずらっと並べられ、1週間展示されました。

Img_8559

高知卸商センター協同組合 理事長 町田貴のあいさつ文です。以下、基本的に、説明文章無しで、ポスター画像をすべて並べて表示します。

Img_8544

Img_8543

Img_8542

Img_8540

Img_8538

Img_8537

Img_8522

Img_8521

Img_8520

Img_8519

Img_8518

Img_8528 Img_8527

Img_8526

Img_8525

Img_8524_1

Img_8523

Img_8522_1

Img_8521_1

Img_8520_1

Img_8519_1

Img_8518_1

Img_8517

最後に、もういちど、橘屋商事ポスターのアップで終わりにします。

Img_8529

りっぱなポスターを作ってくれた専門学校の生徒達に感謝。


 

| | コメント (0)

2019.05.21

ハドソンヤードのベッセル ( Vessel ) 当日入場券を予約する方法(ニューヨーク)

  Img_5827

ニューヨーク旅行から1カ月ほど経過しました。今回の旅の中で、どうしても見てみたいと思ったのが、ハドソン川沿いの再開発地区「ハドソンヤード」に出来た階段アート 「Vessel ベッセル」です。この施設は無料ですが、入るためには予約チケットが必要となります。

階段アートVesselのチケットは、ハドソンヤードのホームページから、ネット予約できる仕組みになっています。しかし、直近のチケットは予約済みで、入手する事はできませんでした。しかし、朝、当日券の配布もあると書いてありました。現地に行けば、なんとか入手できるのではないかと思っていました。

その日は朝8時半ごろベッセルの前に到着しました。ビルの谷間に8階建の階段アート、なかなか存在感があります。下は小さく、上に向かって徐々に大きくなっています。問題は当日配布のチケットを入手できるのかどうか、です。

Img_5830

ハドソンヤードのVesselに到着した時は、時間帯が早いせいか、人の姿が少なく、係員の姿も見えませんでした。あたりにいるのは、工事関係者とうろうろしている観光客。さて、どうしたらVesselチケットをゲットできるのでしょう?しばらくはあたりを見回していました。

Img_5825

Vesselのチケット入手方法がわからないので、もう一度ホームページを確認してみました。そこには、「毎朝9時半ESTから当日券を配る」と書いてあります。さて、どこに行ったらチケットをゲットできるのでしょう。

Img_5836

Vessel隣のショッピングモール、どこで当日券が配られるかは判然としないが、いずれにしろ当日券が配布されるの午前9時半から。それまでは、隣の高級ショッピングモールを見学させてもらいました。

Img_5849

9時半頃になって、モールから外に出ると、Vesselの東側に長い行列ができているのに気づきました。これは、当日チケットを配布しているに違いないと思い、確かめもせず列に並びました。

Img_5850

Vesselの無料入場券、長い列に並んで10分ほどで入手。入場時刻が10:10-11:10と制限されています。30分ほど待てば入れるのでさほど問題ではありません。

Img_5852

ベッセルの入場時刻までは、ショッピングモール内のスーパーでコーヒーを買い、過ごしました。

Img_5889

ベッセルの入口で、無料チケットを見せて入場。まわりの景色を観賞しながら、徐々に階段を上がっていきます。1階中央部分の真ん中で、上向きに写真を撮っている人が多くいました。

Img_5911

同じ高さでも、階段の場所によって景色が移りかわっていくので、おもしろいですね。写真でわかるとおり、上に行くにしたがって、人が分散するので、さほど混み合っているという感じにはなりません。

Img_5929

ベッセルの一番高い位置からの景色です。ニューヨークへ行く機会がありましたら、ぜひ、ハドソンヤードのVesselを訪問されることをオススメします。

| | コメント (0)

2019.05.16

USB充電式小型扇風機「ハンディファン KPF-0993」を買ってみた (小泉成器)

Img_8436

そろそろ気温が上がり扇風機がほしい季節となってきました。室内で使う扇風機は、毎年、物置から出してきて設置すれば終わり。しかし、外出時は、どう対応すればいいのか迷うところです。扇子を鞄に忍ばせておくのもひとつの方法ですが、ここ数年で少しずつ見かけるようになってきたのが、このような充電式の小型ファンです。

 コイズミ ハンディファン ホワイト KPF-0993/A(1台)【コイズミ】

Img_8427

私自身はふだん鞄を持ち歩かないので、こんな扇風機にはあまり興味がありませんが、ある程度大きな鞄をふだん持ち歩く人なら、さほど荷物にもならないかと思います。

Img_8430

ちょうど新聞の新商品紹介コーナーにこちらの商品が紹介されていたので、ためしに買ってみました。内容物はこのような感じ。本体、スタンド、USBケーブル、ストラップです。なお、USB電源アダプターは付属しません。

Img_8435 

スイッチを複数回押すことにより3段階の風量調整が可能です。

Img_8438

このようなスタンドが付属するので、テーブルの上ではこのようなスタイルで使用できます。USBケーブルは取っ手の上の方に刺すようになっています。ちなみに、USBケーブルはやや短めのものが付属します。

Img_8429

これから夏に向かって、暑さをなんとかやり過ごさなければならないようなシチュエーションが多くなってきますので、このような手軽な商品をひとつ持っておくのもいいのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2019.05.15

Amazon Choice のアメリカ SIM をニューヨークで使ってみた(2019 年 4 月)

Img_5881

4 月中旬にニューヨークへ行ってきました。通信回線としては、ソフトバンク契約の iPhone8 がありアメリカ放題が使えるので、iPhone8 1 台で特に支障は無いのですが、いざというときの予備回線として、iPhone SE 用にアメリカ対応 SIM を購入しました。

SIM はアマゾンで購入。Amazon's  Choice マーク付商品なら間違いないだろうと思い、「【AT&T】ハワイ・アメリカ本土 プリペイドSIM 30日 データ容量8GB 大容量通話付き 」という商品を選びました。

私が購入したときの販売者は「ワイズソリューション」となっていました。Amazon商品は、同一URLの商品であっても、販売者や価格がコロコロ変わります。たまに悪徳業者が紛れ込むことがあるので、注意が必要です。

【AT&T】ハワイ・アメリカ本土 プリペイドSIM 30日 データ容量8GB 大容量通話付き 
販売: 株式会社 ワイズ・ソリューションズ
購入価格 : 1,480 円(税込)

今回は予備機用ということで、日本でスイッチオフ状態の iPhone SE に Amazon で買ったこの SIM をあらかじめセットしておき、ニューヨークJFK空港到着時点で、iPhoneのスイッチを入れました。スイッチを入れてから、数分でAT&Tの電波を拾い、ローミングONにするだけで通信ができるようになったので、iPhoneの場合は特に設定は必要無いようです。

 ニューヨークには5日間ほどの滞在でしたが、その間、ユーチューブを見るなど、かなりヘビーな使い方をしましたが、特に支障なく使うことができました。

YouTubeを見ていて気づいたのは、動画の合間に入るCMが中国語版になること。アメリカで中国語のCMをさんざん見ることになるとは予想しませんでした。なお、通話可能な SIM でしたが、滞在中通話する必要がありませんでしたので、通話についての検証はしていません。

スプリント回線に接続したアメリカ放題の iPhone8 は、地下に入ると電波が拾えずデータ通信ができないことが時々ありましたが、AT&T の SIM は、そのような不安定さが無く、安心して使用できました。SIMフリーの端末を持っているなら、手軽に買える価格の SIM ですので、かなりおすすめではないかと思いました。

| | コメント (2)

2019.05.14

雑草取りに片手クワが便利です(兼次 片手巾広鍬 1433)

Img_8352

雑草は取っても取っても次から次へと新たに生えてきます。雑草を表面だけ取ったとしても、根が残れば、すぐにまた同じ草が生えます。除草剤と使うという手もありますが、やはりそれは避けたいところです。

そのような場合に有効なのが、クワ(鍬)を使って庭の槌をある程度掘り起こしながら、雑草を取り除いていく方法です。これなら、ほぼ根ごと取り除くことができるので、しばらくは新たな雑草が生えてきません。

小さな庭に、一般的な大きなクワは不都合なので、片手で持てるクワがオススメです。ネットショップをいろいろ見て選んだのがこちらの商品です。

 手巾 1433

私が購入したときの価格は、税込1274円でした。Amazon プライム対象商品なので、プライム会員であれば送料無料で購入できます。しかも、Amazonチョイスマーク付。基本的にAmazonチョイスマーク付の商品は、Amazonが自信をもってオススメしている商品なので、ハズレをひくことが少なく、安心して購入できます。

Img_8331 

商品は、このようにぴっちりと梱包された状態で、Amazonの箱に入って届きます。梱包がしっかりしすぎているため、開封するのに素手ではちょっとムリで、ハサミなどを使う必要がありました。

Img_8334 

大事な刃先は、ダンボール紙で包んだ上、ストレッチフィルムでがっちり固定されています。

Img_8336

刃先(鍬の刃)はこのようになっています。刃先が取れないように、しっかりと固定されているように見受けられます。

Img_8347

さらに、こういう柄の付いた道具類は、先端の重さが重要です。金槌などでも同じなのですが、あまり力を入れずに効率良くクワを使うには、刃先がある程度重いことが大事です。刃先が軽いと、力を入れないと土を掘り起こすことができません。

Img_8340

一方、ある程度刃先が重いと、その重さを利用して、慣性を利用して硬い土でも掘り起こすことができます。したがって、先端部分の重さは需要です。この商品は、見た目よりも刃先に重さがあるので、その重さを利用することにより、案外楽に、土を掘り起こすことができました。

Img_8351

Amazonプライム会員であれば、とてもお安く購入できますので、ぜひ、オススメいたします。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年6月 »