« ブライアントパークはとても落ち着ける場所 | トップページ | キタノホテルニューヨークの印象 »

2019.07.05

覚え書き ThinkPadE250 SSD置換

C24329f399934d2b8326b5f3a2398d22

3年程前に購入したThinkPad E250のうち1台が、最近になって、使っている最中に突然ディスクエラーで消えるようになった。再起動すれば、また普通に使えるのだが、これでは仕事にならない。そこで、SSDを置換してみることにした。

Cba512219e0d496a9b669b21d1d82a05

ThinkPad E250に内蔵されているSSDを、新たに購入したSSDに置換する。元のSSD容量が128GB、新しいSSDが120GBなので、容量が足りない。そこで、まずは、フリーソフトのEaseUS Partition Master を使って、元のSSDの容量は100GBほどに調整する。

その後は、元のSSDの内容を、フリーソフトEaseUS Todo Backupのクローン作製機能を使って、USB接続した新しいSSDへコピーする。EaseUS Todo Backupで「有料で無いとクローンがつくれません」というような表示が出るが、左側のメニューからクローン作製を選ぶと、特に問題無く作動する。

F6a6522351984dde8f3c3e27e4ce4d2c

最後に、ThinkPad E250の裏蓋をなんとか開いて、SSDを入れ替える。パソコンを起動すると、最初、ディスクチェックの画面になるが、それが終わると、無事、Windows 10が起動した。

 

|

« ブライアントパークはとても落ち着ける場所 | トップページ | キタノホテルニューヨークの印象 »

パソコン・インターネット3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブライアントパークはとても落ち着ける場所 | トップページ | キタノホテルニューヨークの印象 »