« 新料金プラン ミニモンスターは損 | トップページ | とさのさと アグリコレット 2019年9月20日グランドオープン »

2019.09.18

読みたいことを、書けばいい。

Aa4c50231ef644abb3679c57ab612398

蔦屋書店でたまたま手に取った本が意外と面白かったのでここで取り上げることにします。

本の題名は、「読みたいことを書けばいい。」というものです。著者は田中泰延さん。広告会社の電通に長く勤めていたらしい。

読みたいことをか書けばいい。の題だけで、この本は手に取る気になりました。なんとなく、引き寄せられるところがあります。

本の帯カバーの糸井重里の文字も、これは糸井重利さんの本ではないかと勘違いさせる部分がインパクトがあります。これも出版社の作戦でしょう。

この本のこの本の肝となるのは、読みたいことを書けばいいと言う題に集約されているのですが、物書きとは随筆を書くことで、随筆とは、「事象と心象が交わるところに生まれる文章」、という説明に集約されています。

こう言われると、なるほどなと思ってしまいます。目の前に起こる物事を捉え、心を動かされたことを文章にする。それでいいんですね。

|

« 新料金プラン ミニモンスターは損 | トップページ | とさのさと アグリコレット 2019年9月20日グランドオープン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新料金プラン ミニモンスターは損 | トップページ | とさのさと アグリコレット 2019年9月20日グランドオープン »