« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月の3件の投稿

2019.12.18

羽田空港からリムジンバスで新宿へ(2019/12/14)

Img_1917_20191218163101

新宿駅から中央本線の特急あずさに乗るため、羽田空港からリムジンバスを利用して新宿へ向かった。京急空港線や東京モノレールを利用した方がずっと料金は安いのだが、久しぶりにバスを使うことにした。バス料金は、1250円。

第2ターミナルを出発したバスは、第1ターミナルを経由して、高速道路に入り、しばらく走ると山手トンネルに入る。山手トンネルは、全長18.2Kmの日本一長い道路トンネルで、おもに山手通りの地下を通っている。このトンネルの全線開通は、2015年3月7日。

山手トンネルができたことにより、以前は1時間ほどかかっていた羽田空港~新宿駅間が、渋滞がなければ30分ほどで行けるようになった。羽田空港から新宿駅へは、現在でも、京急空港や東京モノレールを使った場合は1時間ほどかかるので、リムジンバスを使うことにより、かなり時間短縮できることになる。

今回は特に急いではいなかったが、山手トンネルを利用したリムジンバスが、どのような感じかを知りたく利用した。あまり景色を楽しむ間もなく地下トンネルに入り、トンネルから出ると、あっというまに新宿駅西口に到着する。以前の、首都高をぐるぐる巡りながら進むルートも、観光的にはおもしろかったが、現在の山手トンネルによる圧倒的なスピード感も素晴らしいと感じた。

Img_1915

リムジンバス乗車券

Img_1920

車内の様子

Img_1924

新宿駅西口バス停に到着

| | コメント (0)

2019.12.13

JR南船橋駅からJR西船橋駅へ(2019/10/31)

Img_1143

写真は南船橋駅のホームです。南船橋駅は、千葉県船橋市若松にあるJR東日本・京葉線の駅。京葉線から武蔵野線へ向かう場合、ここが分岐駅となります。千葉方面から武蔵野線へそのまま乗り入れる電車もありますが、京葉線の新浦安駅方面行きに乗っていた場合は、この駅で乗り換えとなります。

南船橋駅から、総武線・武蔵野線・京葉線(支線)・東京メトロ東西線などが乗り入れる大ターミナルの西船橋駅へは1駅で乗車時間は6分ほど。しかし、日中は1時間に3本ほどのダイヤのため、けっこう待たされることがあります。

Img_1148

南船橋駅を出発すると、南側にIKEA Tokyo-Bayの大きな建屋が見えます。少し前まで、この店の名前は、IKEA船橋だったそうですが、東京ベイという、いかにも東京にあるような名称に変わりました。実際の住所は、千葉県船橋市浜町です。まぁ、お客さんにとっては、東京でも千葉でも関係無さそうですが。

Img_1150

さらに進み、二俣分岐を過ぎて、電車の進行方向が北に変わると、しばらくして左車窓に東京スカイツリーが見えてきます。もやっていて、はっきり見えないので、東京スカイツリーからの眺望も、あまり期待できないように思います。

Img_1152

その後、電車は西船橋駅に到着しました。考えてみれば、西船橋駅は過去何度も利用していますが、この駅で降りて駅の外に出たことはないように思います。日本屈指の大ターミナル駅で、古くから交通の要衝だった場所といいますので、機会があれば駅前を散策しようと思います。

| | コメント (0)

2019.12.12

初めて、日暮里・舎人ライナーを利用(2019/10/31)

Img_1244

先日、東京出張の折、初めて「日暮里・舎人ライナー」に乗車しました。

日暮里・舎人ライナーは、東京都交通局が運営する案内軌条式鉄道で、山手線の日暮里駅と、足立区の見沼代親水公園駅を結んでいます。開業は、2008年3月30日。この路線ができた当時から、一度は乗ってみようと思いつつ、ずいぶんと時間がたってしまいました。

滅多に利用することの無い日暮里駅と、普通は行く必然性のない見沼代親水公園駅を結ぶ路線ですので、ついでに乗るという事ができずに、開業から10年以上経過。今回はたまたま、都営1日乗車券を買った関係もあり、この機会を逃しては、次は何年後になるかわからないと思い、ムリして乗車してみました。

Img_1240

日暮里駅を発車した車両は、すぐに、次の西日暮里駅に到着。その後も、ローカルな風景の駅に次々と止まります。新交通システムらしく、ずっと高架橋の上を走りますが、駅に到着すると、壁に目隠しされて景色が見えなくなります。プライバシーに配慮して、こうなっているのでしょうが、電車に乗る側から言えば、景色を塞がれるのはちょっと残念な所です。

日暮里を出発して、25分で終点の見沼代親水公園駅に到着します。駅名から考えても、当然、近くに見沼代親水公園があるはずですが、そこまで行く時間的余裕も無く、駅前をちょっと見ただけで、折り返し日暮里駅に戻りました。

Img_1241

遠くへ出かけるのも旅ですが、こういったちょっとした路線を往復するのも旅。かつて、埼京線ができたときに用事も無く乗って、そのことが今でも記憶にあるように、その時はあまり印象に残らなくて、ずっと後まで記憶には残る小さな旅になったのではないでしょうか。

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »