« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月の2件の投稿

2020.06.10

はじめてのRyzen、今年3台目の自作PC構成はこうなった。

2db4bd38b9b5432ab48efa5432abc86e

コロナ禍で暇なので、古くなったPCを少しずつリニューアルしている。

今年組んだ3台目のPCのパーツ構成はこうのようになった。

CPU:AMD Ryzen 3 3200G with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 4コア / 4スレッド 65W 13,109円

マザーボード:ASUS AMD B450 搭載 AM4 対応 マザーボード PRIME B450M-K 【MicroATX】 7,291円

メモリ:CFD販売 デスクトップPC用メモリ PC4-19200(DDR4-2400) 4GB×2枚 / 288pin / 無期限保証 / Crucial by Micron / W4U2400CM-4G 5,073円

ディスク:シリコンパワー SSD 256GB 3D TLC NAND M.2 2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 7,556円

電源:玄人志向 NEXTシリーズ 80 PLUS Bronze 500W ATX電源 KRPW-N500W/85+ 5,709円

ケース:Thermaltake Versa H17 ミニタワー型PCケース CS7096 CA-1J1-00S1NN-00 2,709円

合計金額:41,528円

5f1138f8af6246c2b70a72e3efd85878

このところパソコンパーツの価格はどんどん上昇しており、欠品パーツも多い。

はじめてRyzenを使って自作PCを組んだが、やはり、このCPUはちょっと遅く感じる。

やはり、ZEN2アーキテクチャのRyzen 3500あたりを使わないと、速さは実感できないのだろうか。

 

| | コメント (0)

2020.06.04

キヤノンコピーファックス複合機 iR-ADVC2230F で、スキャン送信ができないのは、Windows10更新で ”SMB1.0”が変更されていたため

会社では、キャノンのカラーコピーFAX複合機 イメージランナー iR-ADVC2230F を使用している。この装置には、スキャンした画像をPDFやjpegファイルなどを、社内ネットワーク上のパソコンに、データ送信する機能がついている。

ずっと、便利につかってきたのだが、Windows10が何度か更新を重ねるうちに、一部のパソコンでこの機能が使えなくなっている。理由がわからないまま、それなりに我慢して使ってきたが、パソコンを新規購入した場合など、このスキャン送信機能がまったく使えず困っていた。

どうしても気に入らないので、キャノンの窓口に問い合わせてみた。最初に、ハードウェアの部門に問い合わせをしたが、ネットワーク診断では、機械的な故障はみつからないということで、埒があかない。

次に、お客様相談センターに問い合わせをした。基本的なパソコンのネットワーク設定について、最初から順番に確認をしていったが、結局、つながらない。ただ、最後に、これは「SMB 1.0の設定の問題ではないでしょうか」というヒントをくれた。ちょっと調べて、SMB 1.0を有効化する方法は簡単にわかった。

Smb

(覚書き)

スタート→コントロールパネル→プログラムのアンインストール→Windows機能の有効化または無効化→「SMB 1.0/CIFS ファイル共通のサポート」にチェックを入れて、再起動

わかってしまえば、非常に簡単なことだった。この程度の内容なら、キャノンのホームページに「Q&A」で記載しておけばよさそうなものだが、そうなっていない。ちょっと、勘ぐれば、このような情報を書かないことによって、有料のソフトウエア保守サービスへ誘導しようとしているようにも思える。

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »