« 2020年6月 | トップページ

2020年7月の6件の投稿

2020.07.26

一泊ハワイ旅(3)りんくうの湯でくつろぐ

Cd6f619bc55646cba5c67108ff6e1898

関西空港展望ホールから、バスで、りんくうアウトレットに移動してきた。展望ホールとアウトレットを結ぶバスの存在は以前から知っていたが、利用するのは今回がはじめて。

93cf7fd10aad4d72a3fe82615fd27b24

りんくうアウトレットに来るのも、今回がはじめて。アウトレットには、まったく興味がない。それでも、ここへ来たのは、お風呂に入るため。

89128fa07de74679a2107605675eba63

曇り空の下、大きな観覧車が無人で動いている。

86fe98f124eb46a180f9c0fd4ee5fbfd

りんくうの湯にやってきた。ここへ入るのもはじめて。ホノルルへの出発は夜なので、ここでしばらくくつろぐつもり。

817a2d10edc1489daafe11454c4c259d

広い風呂に1時間ほど入っていた。露天風呂もあり、気持ちが良かった。風呂上りには、椅子に横たわって、テレビを見る。椅子の真上に、指向性の強いスピーカーが設置されていて、イヤフォンなしでテレビを見ることができる。テレビで、千葉県の豪雨を知る。この時期、千葉県では自然災害が続いていた。

D8b6d06160704ac08deccd406a0171a0

3時間半ほど、りんくうの湯で過ごし、外に出ると、すっかり暗くなっている。

3d0c7160e600420c91bbb62deeac5e56

昼間は地味な入口だが、夜になると、きれいにライトアップされて、それらしく見える。

Ac6e57fdda79400badbc90a0185ca66a

往路のエアアジアでは、食事を注文してなかったので、このあたりで軽く夕食を取ることに。

01ce4957d1e548e9ad58c3cfa33f6af8

サイゼリヤをみつけたので、ここで、夕食。高知県にはサイゼリヤが存在しないので、旅先でサイゼリヤを見かけると、つい、入りたくなる。

B8cfaf0ab46741a5bb68a8c3781ccc83

ほうれんそうのソテー199円、プロシュート399円、グラスビール299円を注文。

46b4d67d6bc84e24b51483e31497d951

軽食を終え、サイゼリヤを出る。サイゼリヤでの支払いは、原則として現金だが、この店では、中国人観光客に対応するためか、アリペイとユニオンペイが使えるようになっていた。

426e64455ec348e2b91441754b517488

ぶらぶら歩いて、りんくうタウン駅にやってきた。ここから、鉄道利用で、関西空港へ戻る。

C40e0c2858b74e9d95b425faf4adddca

特急はるかが勢いよく通過した後、各駅停車の電車がやってきたので、乗り込む。

0a2135abba1b4b32bcf9eb5a37f7f890

関西国際空港に戻ってきた。これからエアアジアXのチェックイン手続きをしなければならない。クアラルンプール行きの場合だと、オンラインチェックインができるのだが、アメリカ便の場合は、チェックイン窓口でエスタ確認などの手続きがあって、めんどう。

| | コメント (0)

2020.07.25

一泊ハワイ旅(2)関空に到着

40573e35312c4a6ea9ee72a162d89aef

ジェットスター470便は、午前11時半ごろ、関西国際空港に到着した。高知空港の天気は良かったのだが、関西の天気は悪そう。

42699f57b8a34bcb81056232af2437e6

ターミナルの窓越しに見るジェットスター機。ジェットスターにいままで何回乗っただろうか。10回以上乗っていると思う。

B808770e3ac24f7b821fd360cd2295d1

警備のおじさんの横を通って、到着口へ向かう。関西空港の国内線ロビーは、いつも人が少ない。

041f19ff0eda40dc8dd50e8998f8b978

外へ出る前に、KIXカードの登録を済ませる。この登録、2回に1回ぐらい忘れてしまう。そして、毎回、出発地などのアンケートに答える必要があり、めんどう。

Ac2b1ad3553947b6a6e52161031a3d5f

昼食は、町家小路にあるカレー屋さんで。関空での昼食は、バーガーキング利用が多かったが、この時はなぜかカレーを食べたい気分だった。

1f98688b6ae148899b55386423358b83

左奥に見えるテーブルがカレー屋さん。

3b56790689594e95a76e272460933e7b

外はどんよりとした曇り空。飛行機が飛んでくれさえすれば、どんな天気でもいいようなものだが、やっぱり好天を欲してしまう。

09650b1c296b4b669215996539291a91

チップ用に1ドル札を10枚両替してみた。レートは、手数料込みで、1ドル=111.7円。

1e424af4203c4b06b3501dbd32b8c3de

バスに乗って、関西空港展望ホールスカイビューへ向かう。この天気なので、あまり期待はできないが。

66ea23e4b5a14889a8074abd124ac87c

展望ホールスカイビューに到着。金曜日なので、人はほとんどいない。

E0b8c5dfd91f4f66a813b1509f29c01b

展望ホールからの景色。小雨が降っているので、外に出られない。

7d2a2e2680044e00a7f60ecb3c2b5cf2

駐機している飛行機が遠い。関西空港にも、羽田空港のような展望スペースがあれば、どんなに楽しいことだろう。

80aef8fddbdc43e699f28be0df6f8159

甲高いエンジン音を響かせながら、ティーウエイ航空機が飛び立った。目的地はプサンあたりだろうか。

1aea1df6b4774b57b337fe1ec78c730d

エアアジアの小型機が、誘導路を横切って行った。A320だろうか。このデザインの機体は、クアラルンプール空港に行けば、うじゃうじゃ駐機している。ハワイ便は、たしかA330なので、この飛行機よりはかなり大きい。

834c639457cb4c1ebd30c2ff218deb6e

展望ホールの自動販売機で売られているパルムを買って食べる。展望ホールに来たときは、いつも、アイスを食べているような気がする。

048e564701604bd383f6f747a3c9b4a8

こんな天気だと、展望ホールに長居してもおもしろくないので、バスで対岸のアウトレットへ移動する。

| | コメント (0)

2020.07.24

一泊ハワイ旅(1)高知空港から出発

コロナ禍で、県外への旅行もままならない今日この頃。コロナ以前、最後の海外旅行となったハワイ旅行を記録しておこうと思う。

実は、ハワイへ行くのは初めて。2019年4月に訪れたニューヨークが、私にとって初めてのアメリカ旅行で、このハワイ行きが2回目のアメリカ旅行となった。

ハワイへ行く契機となったは、エアアジアXのセール。関空~ハワイの往復航空券が、セール中のLCCとはいえ、なんと22,108円だった。もちろん、燃料サーチャージや税金などを含めた総額。

Dd084e8d729b42999eec615ca0b5d809

2019年10月25日 午前9時30分、到着したのは高知空港近くのコインパーキング。とても安い駐車場だが、空港からはちょっとだけ離れている。

77835d048e034ac8803bbda90ade708e

コインパーキングから、このような道をとぼとぼと歩いて、空港へ向かう。散歩と思えば近い距離だが、バックパックを背負って歩くには、少し遠い。

C992f6f2e99d4a058d7a6b43ffcbf276

高知空港に到着し、いつものように、3階の送迎デッキへ。向こうに見えるのは、羽田便となるA321neo。

32211ee6989946a1a502d5499e156cfc

しばらく待っていると、これから乗ることになるジェットスターのA320が着陸してきた。この機体が、折り返し関空行きとなる。

142973c274d74b7fa552ea179a16c387

ジェットスター機がターミナルに近づいてきた。2018年末に就航したジェットスターだが、この関空~高知の路線については、搭乗率が思わしくなく、コロナ禍をへて、現在は路線廃止となってしまった。高知から関空へ行く場合、最短の方法だったため、廃止はとても残念。

Cb960445288f407aa540f29b6309b129

高知空港発、関西空港行きのジェットスター470便は、10:50の定時発予定。

F5489a330e1847e38b4eb2295d09e75b

手荷物検査を済ませて、制限区域に入る。関空行きは、1番搭乗口からの出発。

3a14d545139d48a687a7ff502528d0a4

高知空港には、この時点で、関空便・成田便がそれぞれ1便ずつ就航していた。成田便は、案外人気があったようで、運賃も高止まりしていたが、関空便はそれほどでもなく、運賃も最低ラインにはりついていた。乗客にとっては好都合な路線だったが、採算にのらなかったようだ。

Cd076433c39b40b393399852b4c8bb4f

ハワイ旅行の荷物は、バックパックひとつだけ。海外旅行も国内旅行も、バックパック1つが習慣となった。可能なら手ぶらで行きたいぐらいだが、さすがにそうも行かない。

9bfedd37e90b4c73afc4919e936b09aa

待合スペースで搭乗を待つ人々。

82dde957edb7465a80c58937735955ad

ANAの時刻表をとってきて、眺めているところ。国際線がかなり多くあるように見えるが、共同運航便が多数あるので、ANA運航便がこれほどあるわけではない。共同運航便だと、座席指定ができない場合があるので、基本的にはANA運航便を選ぶようにしている。

582d72af5a974027bfee82c2513c9c2f

そろそろ搭乗なので、出発口に並ぶ。

E50ad89a020c414a9bbe20e50c094a15

これから乗るジェットスターの機体。

Ccce11b08a6c40be8279d359f8aed6c6

搭乗し、機内誌をチェックする。オーストラリアを本拠地とする航空会社だけあって、オーストラリアから東南アジア・東アジアへと路線が充実している。

| | コメント (0)

今年4台目の自作PCは、CPUにIntel Core i3 9100を選んだ

E1678cb6366c4c85949a7a09d0d30764

会社で私がメインに使っているPCの調子が悪くなったので、今年の4台目となる自作PCを組んでみた。

本当は、自分用に買っていた部品ではないので、コスト重視で性能はほどほどの部品ばかり。しばらく使ってみて、性能不足を感じたら、別のものに組みなおすかもしれない。部品構成は以下のようになった。

CPU:Intel Core i3 9100 4コア4スレッド
13,490円

メモリ:ADATA DDR4 8GB×2枚 合計16GB
7,556円

マザーボード:ASUS Intel H310 搭載 マザーボード LGA 1151 対応 PRIME H310M-A R2.0
7,200円

ディスク:シリコンパワー SSD 256GB 3D NAND採用 SATA3 6Gb/s 2.5インチ
3,840円

155f090f2e9b45a19f4622e6826170ff

電源:玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 400W ATX電源 KRPW-L5-400W/80+
3,311円

ケース:Thermaltake Versa H18 ミニタワー型PCケース CS7097 CA-1J4-00S1WN-00
3,109円

合計金額:38,506円(税込)

かなり最低ライン性能の構成になってしまったが、事務処理用途だと、サーバーやインターネット回線の速度に制約されてしまうので、この程度の構成でも十分かもしれない。

| | コメント (0)

2020.07.19

7月半ばの近況について

ブログ投稿しようとするが、内容があまりない。この頃は、何か積極的に行動しようという気持ちにならない。自宅と職場を往復するだけの日々が続いているように思う。

そんな状況の中でも、今思っていることや考えていることを少しでも記録しておく事は、後で振り返って意味のあることかもしれない。そんなふうに思って、今を考えている。

本来であれば、オリンピックの開催が間近に迫り、無関心ではいられなかっただろう。オリンピックを見に行く予定はなかったのだが、パラリンピックのチケットを取ってあるので、パラリンピックでオリンピックの雰囲気を感じることはできただろう。

翻って、今年の現実は悲惨なものである。予定していた旅行には全く行けず、仕事もまぁ何とかやっているが、いろいろ難しいところもある。こんな現実が起こってしまうとは、誰も想像してなかったはずだが、数ヶ月経ってみなさん現実を現実として自然に受け止めているように思える。緊急事態宣言が解除されてからは、以前感じていたような閉塞感は感じないのだが、それでもどこへ行くにもマスクが必要と言うような同調圧力に従うしかない。コロナなんかに負けて時間を無為に過ごしたくは無いのだが、しばらくはどうにもならない。ちょっとずつ、ちょっとずつ、世界が変わっていくのを待つしかない。

| | コメント (0)

2020.07.04

岩波新書 プラハを歩く を読んで、プラハにより魅力を感じるようになった。コロナ禍で今年は中止せざるを得なかったが、ふたたび海外旅行ができるようになったら、ぜひプラハを訪れよう。

815d83231eac45ad8c811a3c262eadf2

今年、2020年5月にチェコ・プラハに行く予定だった。今回の新型コロナで、行けなくなった。しかし、すごく残念と言うほどのことはない。また、行けるときに行けば良いと思っている。

実は、今回の旅程では、プラハには二泊するだけだった。プラハには行ってみたかったものの、長期滞在するほどの魅力は感じなかった。もっと正確に言えば、チェコのやや排他的な雰囲気(実際どう感じるかは別として)が気になっていた。

岩波新書「プラハを歩く」は、建築家?である著者が、プラハの建築に魅入られ、何度も訪問した中で感じた内容をまとめた本である。この本を何度か読んでいるうちに、プラハ城やカレル橋などの観光地以外に、プラハの街並みに興味を持った。プラハの街並みを楽しむなら、ある程度連泊して滞在するべきだと思った。

今のコロナの状況から考えて、海外旅行再開の目処は立たないのだが、旅行できるようになったなら、次はプラハのみに絞った旅程を組もうと考えている。

 

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ