« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月の3件の投稿

2020.11.25

2020年12月 高知卸団地(蔦屋書店/とさのさと周辺) でイベント開催予定 Regalo(レガロ) (12/11中止決定)

高知蔦屋書店を中心として、高知卸団地周辺でイベント開催が予定されている。

開催日は、2020年12月19日(土)~12月20日(日)で、イベントテーマを「レガロ(イタリア語で贈り物の意味)」として、ワークショップやコンサートなどが開かれる。会場として、高知蔦屋書店周辺の駐車場や歩道を利用する。

イベント時の駐車場として、西側のJA高知ビル(430台)と、東側のセントラル敷地を借りる。19日の夜には、蔦屋書店前でコンサートが行われる。

また、降雪機を設置し、蔦屋書店前にスノーエリアを作る予定。

最近、新型コロナ感染者が増えてきているので、ちょっと心配だが、予定通り開催されることを祈っている。

 

Document_20201203_0001

Document_20201203_0002

 

(追記 令和2年12月11日)

高知県内での新型コロナウイルス感染者が急増しており、高知県のコロナ対応レベルが特別警戒に引き上げられたことを考慮し、今回のイベントRegaloは中止決定された。

 

 

| | コメント (3)

2020.11.23

コロナ禍でキャンセルした国際列車

今年は、コロナのせいで、多くの移動をキャンセルした。フライトやホテル予約は数知れずキャンセルしたが、それだけではなく、鉄道もキャンセルをしている。備忘録として、それらについても、ここに記して残しておく。

2020年5月22日 Berlin Hbf (tief) 16:26発-(IC 2271)- 18:40 Dresden Hbf着

ベルリンを半日だけ観光した後、その日のうちに、ドレスデンまで移動する予定だった。料金は、21.9ユーロ(17.9ユーロ+座席指定4ユーロ)の2等席。

2020年5月23日 Dresden Hbf 13:10発-(EC 379)- 15:36 Praha hl.n.着

ドレスデンに一泊した後、午後、プラハへ移動する列車。料金は、34,9ユーロ(座席指定料を含む)1等車。列車での優雅な国境横断を楽しむ予定だった。

イタリアやスペインへ行ったときに、フランクフルト空港などでトランジットすることはあったが、ドイツ国内移動は何十年もしていなかったので、とても楽しみにしていたが、すべてはコロナのせいで実現しなかった。コロナが収束しても、この行程を同様に旅する機会はもう無さそうに思う。



| | コメント (0)

2020.11.03

2020年11月の閉塞感

2020年も11月に入った。感染者数は徐々に減ったとは言え、コロナ禍で過ごしていることに変わりは無い。やはり、閉塞感のある日々が続いている。昨年は、ニューヨークとハワイを訪れたが、そのような事がずっと昔のように感じる。今年は、公的な忘年会に参加しない年末になりそう。それはそれで、歓迎なのだが。ヨーロッパでは、再びロックダウンが始まっている。落ち込んでいる経済が、さらに落ち込んでいくのは確実。世界中のほとんどの国が、コロナから抜け出さない限り、経済は縮小していくばかりだろう。航空会社も、このような状況の中では、どうにもならない。ANAもJALも、いろいろ手を打っているようだが、できることには限りがあり、存続の危機に近づいている。

Image_20201103092101


| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »