カテゴリー「旅行・地域4」の97件の記事

2021.04.08

豊岡グリーンホテルモーリスの朝食

Img_7665

先日宿泊した豊岡グリーンホテルモーリスの朝食。

前日の夕食は、部屋食となっていたが、朝食は1階食堂でのバイキングとなっていた。種類も多く、満足した。

コロナ禍の今、ホテルを利用する機会はずいぶん減った。私がメインで利用するホテルは東横インだが、しばらく利用していない。おそらく、東横インに泊まったのは2019年が最後と思う。

グリーンホテルモーリスは確かに快適だが、私にとっては、東横インで十分とも感じる。いずれにしても、もっと気軽に県外に出かけられる環境に、早く戻ってほしい。

 

| | コメント (0)

2021.04.07

豊岡市について

Img_7663

豊岡で宿泊した「豊岡グリーンホテルモーリス」の部屋からの景色。豊岡市は、兵庫県北部に位置する中心都市で、兵庫県で最も面積が大きい市となっている。

日本で最後のコウノトリ生息地であり、市中心部の山中に、コウノトリ但馬空港が存在する。但馬空港からは、毎日、伊丹空港へ朝晩2往復の定期便が就航している。

高速道路としては、最寄りの但馬空港ICから、朝来市の播但連絡道の和田山ICまで、北近畿豊岡道によりつながっている。ただし、現在、但馬空港ICから日高神鍋高原ICまでは、工事中の為、利用できない。

豊岡周辺道路は、バイパスが整備されているため、バイパスを走っていると気づかないが、中心部に入ると古い町並みが残っており、道路も狭く変則的な構造になっていて、城下町のなごりを感じる。

 

| | コメント (0)

2021.03.31

豊岡グリーンホテルモーリスの夕食

Img_7654

豊岡グリーンホテルモーリスの夕食は部屋食。1泊2食付きプランを選択した場合、現在、夕食はルームサービスとなる。ビジネスホテルで、食事のルームサービスが可能なところは少ないと思う。

Img_7652

メニューはこのような感じ。ほぼ、弁当屋さんにあるような商品が並んでいる。メニューから商品を選び、フロントに注文。出来上がると、係の人が部屋まで持ってきてくれる。

Img_7656

わたしは、メニュー6番の白身魚フライボックスを注文した。ライスに加えて、温かい味噌汁がついているところが、ちょっとうれしい。少し、しょぼい感じもするが、コロナ禍では理想的なビジネスホテルの夕食だろう。

 

| | コメント (0)

2021.03.30

播但連絡道の高架橋

Img_7678

写真は、播但連絡道路の高架橋で、和田山ICから姫路方面に向けて、道路は南へ伸びているが、竹田城址入口につながる道付近の高架橋は、このように独特の形状になっている。

ローマ水道橋を今風にしたようなデザインで、かなりインパクトがある。おそらく、景観保護の観点で、このようなデザインになっているのだろう。

つり橋と違って、この高架橋の場合、実際に高速道路を走っている分には、まったく気づかない部分ではある。

 

| | コメント (0)

2020.11.23

コロナ禍でキャンセルした国際列車

今年は、コロナのせいで、多くの移動をキャンセルした。フライトやホテル予約は数知れずキャンセルしたが、それだけではなく、鉄道もキャンセルをしている。備忘録として、それらについても、ここに記して残しておく。

2020年5月22日 Berlin Hbf (tief) 16:26発-(IC 2271)- 18:40 Dresden Hbf着

ベルリンを半日だけ観光した後、その日のうちに、ドレスデンまで移動する予定だった。料金は、21.9ユーロ(17.9ユーロ+座席指定4ユーロ)の2等席。

2020年5月23日 Dresden Hbf 13:10発-(EC 379)- 15:36 Praha hl.n.着

ドレスデンに一泊した後、午後、プラハへ移動する列車。料金は、34,9ユーロ(座席指定料を含む)1等車。列車での優雅な国境横断を楽しむ予定だった。

イタリアやスペインへ行ったときに、フランクフルト空港などでトランジットすることはあったが、ドイツ国内移動は何十年もしていなかったので、とても楽しみにしていたが、すべてはコロナのせいで実現しなかった。コロナが収束しても、この行程を同様に旅する機会はもう無さそうに思う。



| | コメント (0)

2020.05.09

9月のウラジオストク行きはキャンセルへ

70cb4d62da374978b93e1aef4d95a2cf

9月の飛び石連休を利用して、ロシア・ウラジオストク(ウラジオストック)へ行くように航空券の手配を済ませていた。いつもはANA利用だが、今回は、JALの特典航空券を取っていた。必要マイルは、20,000マイルで、別途、税金や燃料サーチャージが8,420円。必要マイル数が少なく、韓国のように手軽に行けそうな外国。一応、ビザは必要だが、ネットから簡単に申請ができるらしい。

Aafa591a5efa484d8e5e3622cf87c47a

しかし、この旅行も、コロナ禍で中止することになった。9月になれば、状況は少し改善しているとは思うが、わざわざリスクをおかして、海外、しかも初めての国にでかけることもないだろう。有効期限が近いマイルがけっこう増えているので、新型コロナウイルス感染が、全国的に落ち着いたら、マイルをつかって北海道にでもいければいいな、と思っている。

 

| | コメント (0)

2020.02.22

JRおおさか東線に乗る

Img_3390

JRの新路線「おおさか東線」に乗ってみました。

おおさか東線の新大阪から放出は2019年3月開業の新線。おおさか東線に乗るのは初めてです。

今回乗ったのは、新大阪駅~俊徳道駅の区間。路線自体は、もう少し先の久宝寺駅まで続いています。

新大阪から久宝寺を大きくカーブしながらつなぐ路線で、途中駅で多くの鉄道と乗り換え交差しています。

車窓自体は、たいしたものはありませんが、この路線の開業により、大阪の東側の交通網がずいぶんと便利になるようです。

| | コメント (0)

2020.01.29

松本城再訪(2019-12-14)

Img_2083_20200129092601

昨年12月、松本を訪れた時、松本城にも足を運んでみました。この場所を前回訪れたのは、30年以上前のことです。

ちょうど城に太陽の光が反射して、なかなかきれいに見えました。

昭和・平成・令和と時代は変わっても、松本城は昔と変わらず、その優雅な姿を堀に映しています。

| | コメント (0)

2019.12.18

羽田空港からリムジンバスで新宿へ(2019/12/14)

Img_1917_20191218163101

新宿駅から中央本線の特急あずさに乗るため、羽田空港からリムジンバスを利用して新宿へ向かった。京急空港線や東京モノレールを利用した方がずっと料金は安いのだが、久しぶりにバスを使うことにした。バス料金は、1250円。

第2ターミナルを出発したバスは、第1ターミナルを経由して、高速道路に入り、しばらく走ると山手トンネルに入る。山手トンネルは、全長18.2Kmの日本一長い道路トンネルで、おもに山手通りの地下を通っている。このトンネルの全線開通は、2015年3月7日。

山手トンネルができたことにより、以前は1時間ほどかかっていた羽田空港~新宿駅間が、渋滞がなければ30分ほどで行けるようになった。羽田空港から新宿駅へは、現在でも、京急空港や東京モノレールを使った場合は1時間ほどかかるので、リムジンバスを使うことにより、かなり時間短縮できることになる。

今回は特に急いではいなかったが、山手トンネルを利用したリムジンバスが、どのような感じかを知りたく利用した。あまり景色を楽しむ間もなく地下トンネルに入り、トンネルから出ると、あっというまに新宿駅西口に到着する。以前の、首都高をぐるぐる巡りながら進むルートも、観光的にはおもしろかったが、現在の山手トンネルによる圧倒的なスピード感も素晴らしいと感じた。

Img_1915

リムジンバス乗車券

Img_1920

車内の様子

Img_1924

新宿駅西口バス停に到着

| | コメント (0)

2019.10.31

アパホテル&リゾート東京ベイ幕張の印象

338f8e4bf5ef4426ada4f7c689a42861

千葉の幕張に来ている。幕張メッセで、ジャパンパック開催に合わせて、メーカーの会合があったために、久しぶりにここにやってきた。

幕張は、東京からはかなり離れていて、不便な場所だが、羽田空港からバスで直接来ると、わりあい便利な場所にある。

79018b44b8b24ec1ae95f7303d01bf79

海浜幕張周辺は、大きなビルがいくつも立っており、都会の風景が広がる。しかしながら、人工的な街特有の風情があり、田舎のような雰囲気も漂っている。

今回は、初めて、アパホテル&リゾート東京ベイ幕張を利用した。この場所は、元プリンスホテルで、アパホテルが買収し運営している。

403a853b561d446d895eac0a5621e599

外観はかなり立派だが、内部の作りやホテルの運営の仕方に、アパホテル独特の雰囲気があり、高級感は全くない。料金相応と言えばその通りなのだが、また利用したいかと言われれば、多分選ばないと思う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧