カテゴリー「行ってみたい」の62件の記事

2019.07.23

プラハの春

10ed1a19083c425192aa35e524ccb929

来年こそは、チェコプラハに行こうと思っている。母に行きたいと思ったきっかけは、10年ほど前に「プラハの春」と言う題名の小説を読んだこと。頭の片隅に、いつもプラハのことがあったのだが、ずっと実現しないままでいる。

プラハへは直行便がないので、どこから入るかが問題となる。 ANAを使うとすると、1番手軽なのは、フランクフルトかミュンヘンへ行き、そこから乗り換えてプラハへ向かう方法。

ただし、飛行機で単純にプラハへ入るのは、ちょっともったいない感じもするので、都内の国から、鉄道かバスを利用してチェコに入るのが面白いのではないかと、ちょっと思っている。

| | コメント (0)

2019.07.14

今日はフランス革命記念日(パリ祭)です。

D2bf8b7b47a44ad29053fd2815b8f639

今日はフランス革命記念日です。1789年7月14日、バスチーユ監獄襲撃が行われた日を記念して制定されています。

写真は、2014年5月22日早朝、たまたまトランジットで訪れたシャルルドゴール空港です。トランジット以外で、フランスを訪れたのは、1992年です。もう、27年も前の事になります。

ヨーロッパへ行く機会はあっても、フランスへ行く事は、案外ありません。そろそろ、久しぶりに、フランスのどこかを訪れたいものです。

| | コメント (0)

2019.06.29

訪れたことのある国 My Travel Map~iPhone用アプリ Visited

0671bd72ee9d4ce1a36910758c9660af

iPhone用アプリに「Visited」という簡単なアプリがある。このアプリを利用して過去に訪問した国をチェックしてみた。全部で19カ国。もっとも、バチカン市国も1つの国として数えているので、ちょっと水増しのような感じもする。

国の数を増やすために旅行しているわけではないが、今年はアメリカに色がついたので、面積はだいぶ増えた。面積を稼ぐなら、ロシア、カナダ、ブラジルあたりだが、今のところ行く予定はありません。

初めて訪れる国は新鮮だが、目的は国というより、都市とか地域とかいう区切りだと思う。それでも、行った事が無い国は、知識の中でおぼろけに存在しているだけ。やっぱり、一度でもいいので、その国を訪れるのは、とても意味があること、と思う。

| | コメント (0)

2016.09.20

川崎重工120周年記念展の飛燕

29182606553_db6e158021_c

写真は、コンチェルトの船内から撮ったものです。工場の壁に大きくKAWASAKIの文字が見えます。

川崎重工業は、創業者・川崎正蔵が、東京築地に川崎築地造船所を、神戸に川崎兵庫造船所を設立したのを起源としています。

造船をはじめとして、今では二輪車・鉄道車両・航空機・ガスタービン・産業プラント・ロボットなど、多岐にわたる商品を製造している会社です。

川崎重工は、今年、120周年を迎えます。

これを記念して、神戸ポートターミナル・大ホールで、10月15日から11月3日まで記念展が開催されます。

復元した三式戦闘機「飛燕」も展示されるそうですので、ちょっと見てみたい気もしています。

ちなみに、入場は無料です。

| | コメント (0)

2016.07.22

ピーチのポイント

Img_77401

写真は、関西空港で出発待機中のエアバスA320-200。

A320は、旅客機の分類で言うと小型機に入るが、警備員と比べると、エンジンだけ見てもずいぶん大きいことが分かる。

ところで、ピーチアビエーションのカードを申し込んで得たピーチポントが1000ポイントある。このポイントは有効期限が9月初めとなっている。使わないともったいないと思いつつも、現在まで使う機会がなく放置したまま。

5月にスペインへ行ったばかりで、しばらくはおとなしくしようと思っているので、海外旅行はない。かと言って、国内で行きたいところは、さほど思い浮かばない。あえて言えば、札幌か沖縄ぐらい。

ポイントの話はともかくとして、また、ピーチ便に乗って、どこか出かけたいものだ。

| | コメント (0)

2016.05.07

ピーチ 機内持ち込み手荷物の制限

Image

 関空からピーチ便を利用する事が多い。旅の荷物は最小限になるよう心がけているので、預け荷物は無く、いつも機内持ち込みの手荷物だけになる。

 ピーチの手荷物制限は、2コ、重量は合計10Kg以内。もちろん、サイズ制限もある。以前は、さほどきびしくなかったが、今はキャリーバックなどは重さを計られる。

Image_2

 わりと勘違いしやすいポイントだが、待合室で買ったおみやげ品も、持ち込み手荷物2コの制限に含まれる。したがって、おみやげ品で手荷物の数が3個以上になる場合は、なんとかして2個になるようまとめなければならない。

 実際の運用では、そこまで厳しくはないようだが、ルールはルール、係員にチェックされても困らないよう、注意するに越したことはないだろう。

| | コメント (0)

2016.05.06

Amazonで買えるChina UnicomのSIMは意外と使える

 上海など中国本土に出かける場合に便利に使えるのが、Amazonで販売されているChina Unicom(中国聯通香港)のプリペイドSIM。

 Amazonで販売されている商品は、やや怪しいモノも多いが、このSIMはChina Unicom自体が、日本のAmazonで販売しているものなので、特に心配は要らない。

61zrutxmzpl_sl1000__2

 短期の旅行なら、この「 中国 本土31省と 香港 7日間 1GB 上網 Data通信 専用 プリペイド / SIMカード 」で充分。価格は2,380円。このSIMは、中国本土および香港でデータ通信(3G接続)ができる。

 中国本土で、このSIMを使う最大のメリットは、中国でのインターネットの制限を避けられること。つまり、このSIMなら、LINEやGoogleマップが普通に使える。

20160506_1

 設定は簡単。通常、APN設定は自動的に設定される。ただし、iPhoneの場合は、日本国内で格安SIMなど利用するために、オリジナルのプロファイルをインストールしている場合、あらかじめ、そのプロファイルを削除しておく必要がある。

 もしAPNが自動で設定されない場合は、APN「3gnet」、ユーザー名なし、パスワードなし、に設定する。

20160506142522_00001

 普通、使うことはないだろうが、オンラインでSIMへの追加リチャージも可能。

61hbakfmnl_sl1000__2

 「 中国 本土31省と 香港 7日間 1GB 上網 Data通信 専用 プリペイド / SIMカード 」は、マカオでは使用出来ない。中国本土へは行かず、香港とマカオだけなら、こちらの「 香港 マカオ 7日間 データ 使い放題 上網 / SIMカード 」 がおすすめ。価格も1,280円と安い。

 3G接続のデータ通信なので、やや遅いが、旅行用としてなら、特に支障なく使えるだろう。SIMは、旅行先でも購入できるが、その手間と時間を考えれば、Amazonであらじめ入手できるのは、心強い。

| | コメント (0)

2016.04.26

エアーマカオ(マカオ航空)は使える

Image

 昨年6月に香港を訪れた。関空からLCC利用、一泊二日のあわただしい旅。たまたま出発日の前日が出張だったので、関空発の朝の便に間に合ったが、高知から出発と考えると、行程がかなり厳しくなっただろう。

 現状のLCCのフライトで香港へ行こうとすると、ピーチの午前便で出発し、帰りはピーチかジェットスターの深夜便で帰ってくるのが1番合理的に見える。しかし、高知からの出発と考えると、どうしても前泊が必要となり、また帰りも大阪に朝着なので、高知までたどり着くのが体力的にきつい。

Image_2

 いろいろ調べていると、香港ではなくて、マカオ行き便を使えば、もっと楽にマカオ&香港に行けることに気づいた。関空からマカオへは、エアーマカオ便が毎日飛んでいる。関空発が16時30分出発のマカオ19時45分着。マカオ発が10時30分出発の関空15時30分着。

Macuo

 この時間帯なら、行き帰りも共に高知発着の高速バスが使えそう。自家用車で関空まで行くとしても、さほど無理はない。エアーマカオは、一応、機内食も出るようで、LCCではなさそうだが、時期を選べば料金はLCCと大差ないので、マカオのみ、またはマカオと香港両方に行くつもりなら、有用なエアラインではないだろうか。

Miel

| | コメント (0)

2016.03.09

春秋航空の999円キャンペーン

 春秋航空にはメール会員登録してあるので、時々、キャンペーンの案内が届く。

Unnamed

 今回は、「桜舞うころ お得チケット キャンペーン」。

 販売期間は、本日3月9日~15日。搭乗期間は、3月20日~6月20日となっている。キャンペーン対象の行き先は、上海・天津・成都・西安・青島・福州・長春・ハルピン・フフホト・・・他。

 試しに、関空発 西安行きで調べてみると・・・


Sian1

 このような結果になる。日付は自由に選べるわけでは無く、特定日のみがキャンペーン対象になる。片道料金4,039円は、なかなかお得ではないだろうか。

 ただ、問題は帰り便。春秋航空の関空~西安は、週に2便のみなので、帰りは4日後の15日となる。


Sian2

 帰りの片道料金は、8,299円。往きほど安くはないが、西安往復が12,338円なら、充分安い。週末海外旅には使えないが、時間がある人にとっては、とても価値の高いキャンペーンではある。
 

| | コメント (0)

2016.02.25

KLMオランダ航空 今春、関空路線にドリームライナーB787-9を導入

 KLMオランダ航空から届いたメールによると、今春、関空~アムステルダム路線に、最新機種であるボーイングB787-9が就航する。KLMは、2014年イタリア旅行の帰り便として、アムステルダムから関空のフライトで利用している。その時の機材は、けっこう年季の入ったB777-200だった。

Klm787

 KLMは、日本路線には力を入れる気は無いのかなぁと感じていたが、そうでもないということになる。また、座席数300ぐらいのB787-9であれば、B777-200の置き換えには、サイズ的に、ちょうど良いということもあるだろう。

 B787には、まだ一度も乗ったことがないが、今年中には乗る機会があるはず。その時には、B787での空旅をぜひ堪能しよう。

Klm787_

| | コメント (0)

より以前の記事一覧