カテゴリー「旅行記 台湾」の84件の記事

2016.04.24

2016年 台湾旅行記(41) 高雄から台北へ移動、そして帰国(動画)


| | コメント (0)

2016.04.19

2016年 台湾旅行記 もくじ

2016年1月台湾旅行ダイジェスト

2016年 台湾旅行記(1) 神戸関空ベイシャトルで関空へ
2016年 台湾旅行記(2) 台北行き ピーチMM027便に搭乗
2016年 台湾旅行記(3)  ピーチMM027便、機内にて離陸を待つ
2016年 台湾旅行記(4)  ピーチMM027便 機内でスーパードライを
2016年 台湾旅行記(5)  桃園国際空港第一ターミナルで中華電信SIM

2016年 台湾旅行記(6) 高鉄3日パスの引換とバリデーション
2016年 台湾旅行記(7) 高鐵桃園駅から台湾新幹線878列車で台北へ
2016年 台湾旅行記(8) ユリシスホテル 台北 にチェックイン
2016年 台湾旅行記(9) 今日も雨、高鐵台北站へ
2016年 台湾旅行記(10) 台湾新幹線611列車で、台南へ

2016年 台湾旅行記(11) 高鐵・台南駅から台鉄・沙崙駅へ移動
2016年 台湾旅行記(12) 沙崙駅発・台南駅行き 3722列車
2016年 台湾旅行記(13) 台鉄台南駅に到着
2016年 台湾旅行記(14) 高鐵台南から台鉄台南へ(動画)
2016年 台湾旅行記(15) 好行バスはあきらめ、台南駅前からタクシー

2016年 台湾旅行記(16) 台南にある国家一級古蹟「安平古堡」を見学
2016年 台湾旅行記(17) 台南駅からタクシーで安平古堡へ(動画)
2016年 台湾旅行記(18) 「同記安平豆花」のスイーツでくつろぐ
2016年 台湾旅行記(19) 鈍足な台湾好行バス88番で台南駅へ戻る
2016年 台湾旅行記(20) 安平豆花でレモン味の豆花を食べる(動画)

2016年 台湾旅行記(21) 台南駅から自強号117列車で高雄へ
2016年 台湾旅行記(22) 自強号117列車は高雄駅に到着
2016年 台湾旅行記(23) 高雄捷運・高雄站でコイン形状の切符を買う
2016年 台湾旅行記(24) 高雄捷運・紅線で、高雄駅から凱旋駅へ移動
2016年 台湾旅行記(25) 自強号にのって台南から高雄へ移動[動画]

2016年 台湾旅行記(26) (C3)前鎮之星駅で高雄捷運環状軽軌
2016年 台湾旅行記(27) 高雄捷運環状軽軌に試乗
2016年 台湾旅行記(28) 前鎮之星駅~凱旋中華駅を往復する
2016年 台湾旅行記(29) 高雄地下鉄・美麗島駅
2016年 台湾旅行記(30) 美麗島駅から中央公園駅まで歩く

2016年 台湾旅行記(31) 高雄捷運環状軽軌の路面電車に試乗(動画)
2016年 台湾旅行記(32) 高雄・六合夜市でB級グルメの夕食

2016年 台湾旅行記(33) 美麗島駅から高鐵左営駅へ移動
2016年 台湾旅行記(34) 美麗島駅と六合夜市(動画)
2016年 台湾旅行記(35) 高鐵左営駅から新幹線で台北に戻る

2016年 台湾旅行記(36) 台湾新幹線936列車で、高鐵桃園へ向かう
2016年 台湾旅行記(37) 桃園国際空港に到着
2016年 台湾旅行記(38) ジェットスター・アジア航空 721便に搭乗
2016年 台湾旅行記(39) 雪が降る中、関空に到着
2016年 台湾旅行記(40) 徳島の大雪で予定がくるう

| | コメント (0)

2016.04.18

2016年 台湾旅行記(40) 徳島の大雪で予定がくるう

Image

 神戸空港にほど近い、神戸関空ベイシャトル乗り場の駐車場を出発し、京橋インターから阪神高速に乗る。ここまでは予定通りだったが、先はまだまだ長い。

 明石大橋を渡り、淡路島を走っているうちに、制限速度が徐々に下がってきているのに気づく。普通に走れるのにおかしいなあと思っていると、鳴門大橋の手前で雪が降り始めた。徳島に近づくにつれて、雪が激しくなり、道路上に積もってくる。

 鳴門で高速を降りると、一般道もかなり雪が積もっている。高速道路はすでに一部区間が閉鎖されていたので、室戸まわりで高知に帰るつもりだったが、どんどん雪が積もっているようで、とてもノーマルタイヤで室戸まで走れるような状況ではなかった。

 今日中に高知に帰るのは諦め、東横インに泊まることにする。


Image_2

 タイヤをズルズル滑らせながらも、なんとか徳島駅前の東横インに到着。久しぶりの東横インだが、やっぱり、この規格化された部屋が落ち着く。


Image_3

 今夜の夕食は、コンビニで買ったラーメン。駅前なので、外へ食べに行けばいいようなもの。しかし雪が積もった街の景色は、とても県庁所在地の駅前とは思えないような寂しげな雰囲気で、出る気がしなかった。


Image_4

 翌朝、東横インらしいシンプルな朝食を食べ、


Image_5

 凍結した徳島の中心部の道を恐る恐る走りながら、苦労して高知に帰った。

 格安チケットを入手したところから始まった今回の台湾旅行。天気にたたられて、なかなか思うようには行動できなかった。やはり1月ぐらいは、おとなしく過ごしていた方が良かったのかもしれない。次回は、もうすこし気候の良い時期を選んで旅をしよう。
 

| | コメント (0)

2016.04.13

2016年 台湾旅行記(39) 雪が降る中、関空に到着

Img_9487

 ジェットスター・アジア航空 721便(3K721)は、午後4時過ぎ、関西国際空港に到着。雪が降りしきる中での着陸となった。乗客は少なめで、たいして揺れることも無く、快適なフライトだった。台湾も寒かったが、日本はもっと寒い。


Img_9490

 ジェットスターは、第1ターミナルへの到着なので、空港内のバス移動が無くて便利。


Img_9496

 ウィングシャトルからの景色もこんな具合で、外は寒そう。入国手続きのあとは税関へ。税関は、日本人と外国人のレーンに別れているのだが、外国人の列がやたらと多く、しかも混み合っている。日本人の列は、ほぼ人がいなくて、素通り状態。この時間帯は、外人客が圧倒的に多い。


Img_9499

 神戸-関空ベイ・シャトルが運休ということで、代替えバスに乗り込む。運転手は女性。当初、船の便は、もう少し遅めを予約してあったので、代替えバスになったことによって、1時間ほど帰りが早くなった。


Img_9506

 午後5時半過ぎ、バスは神戸空港海上アクセスターミナルに到着。ちょうど、初場所、大関 琴奨菊の優勝インタビューが放送されていた。


Img_9508

 自家用車に乗り換え、あとは高知へ帰るだけ・・・

| | コメント (0)

2016.04.12

2016年 台湾旅行記(38) ジェットスター・アジア航空 721便に搭乗(3K721)

Img_0483

 まずは、ジェットスターのチェックインカウンター6番へ。窓口がまだ開いておらず、皆さん、列を作って待っている。最後尾に並ぶ。しかし、ここからが長かった。いくら待っても、チェックイン作業が始まらない。ほんとは、フードコートへ食事に行きたかったが、行けないままに時間だけが過ぎていく。


Img_0484

 1時間待って、やっと、チェックイン窓口が近づいてきた。どうして、こんなに時間がかかるのかわからない。右がオンラインチェック済のカウンターで、左がオンラインチェックイン無しのカウンター。右の方が若干早めに動いていたが、大差なそうだった。いつも、こんな調子なら、ジェットスターを使う人はいなくなるだろう。


Img_0485

 時間切れでフードコードへは行けなかったが、気を取り直して、出国手続きへと進む。


Img_0486

 出国手続きも、やたらと長い列で、時間がかかる。次は、セキュリティ・チェックだが、こちらも長い列。我慢して待つしか無い状態。


Img_0488

 やっと第1ターミナルの制限区域内に入ることができた。ボーディングタイムまで15分ほどしか無いが、せっかくなので、ラウンジへ。


Img_0487

 ここはプライオリティーパスが使える「トランスアジアVIPラウンジ」。時間が無いので、即行で食べ物とビールを取り、素早く食べる。内部がどんなつくりだったか、細部は覚えてないが、広くは無かった。


Img_0489

 時間が無いというのに、搭乗ゲートは一番端っこの「A1」。動く歩道の上を小走りしながら、ゲートへ急ぐ。


Img_0490

 A1ゲートに到着。まだ、搭乗は始まっておらず、人も少ない。チェックインが遅かったので、皆さん、買い物などに時間がかかっているのだろう。


Img_9479

 12時20分過ぎに、ジェットスター・アジア航空 721 便に、やっと搭乗。ジェットスター・ジャパンは何度か利用したが、ジェットスター・アジア航空の利用は初めて。機内は、ジェットスター・ジャパンのような新しさは無く、だいぶ年季が入ったような雰囲気。


Img_0493

 座席は27C、後方の左窓側。機内への出入りにはちょっと不便だが、人が少なめで落ち着くので、最近は後ろの方を指定するようにしている。後方だと、座席指定料も安い。帰り便は、チェックインや荷物検査にやたらと時間がかかって、たいへんだったが、こういう事もある。予定通り、飛んでくれるだけで、よしとしよう。
 

| | コメント (0)

2016.04.11

2016年 台湾旅行記(37) 桃園国際空港に到着

Img_9454

 台湾新幹線936列車は、高鐵桃園駅に到着。台北からの所要時間は22分ほど。


Img_9456

 エスカレーターで、改札のある階へ移動する。


Img_0477

 また、「高鐵3日券」と「パスポート」を改札の人に見せて、やっと外へ出る。高鐵桃園駅はひろびろとしたフロアーで、高鐵台北駅などより、わかりやすい造りになっている。


Img_9458

 高鐵桃園駅と桃園国際空港を結ぶ路線バスに乗り込む。このバスは定員制なので、乗車前に係員に切符をチェックされる。私は、係員には、悠遊カードをヒラヒラさせながら見せて通過し、車内・運転席横の機械にタッチする。

 このバスは、なぜか、乗客同士が向かい合わせになるような構造で、妙に気恥ずかしい。


Img_0481

 バスは15分ほど走って、桃園国際空港・第1ターミナルに到着。ちなみに、ここは降車専用の場所。


Img_9464

 第1ターミナル内に入り、フライト時刻表を見る。これから乗るのはジェットスター、721便・12時45分発の関空行き。往路はピーチだったが、帰りはジェットスター。どちらかと言えば、ピーチの方が好きだが、ピーチは帰路の運賃がかなり高かったので、帰路のみジェットスターにした。
 
 往復を別々の航空会社にできるところが、LCC利用のメリットのひとつ。ただし、今回はセールでピーチ便の往路のみ確保したものの、帰り便の安いフライトがなかなか確保できず、ちょっと手こずった。やはり、航空券は往復で確保するべき、と反省している。
 

| | コメント (0)

2016.04.05

2016年 台湾旅行記(36) 台湾新幹線936列車で、高鐵桃園へ向かう

Img_9427

 帰りのフライトが遅めなので、ゆっくり起きる。テレビをつけると、どのチャンネルでも、台湾各地で雪が降ったり、気温が異常に低下していることなどが、報道されている。10年に1度の大寒波襲来、というような取り上げ方。


Img_9428

 今日は幸いにも雨が止んでいる。時間に余裕があるので、ホテル近くをちょっと散歩しよう。


Img_9429

 道路に沿って同じ型のバイクがずらーと並んでいる。レンタルバイクだろう。こんな屋外に置いておいて、盗難されるようなことは無いのだろうか。それとも、朝になってから、並べたのか。良く分からない。


Img_9434

 ここは、昨年5月の台湾訪問時、おみやげ品を買ったお茶屋さん「新純香」。ホテルから近そうだったので、歩いてきたが、残念ながら、まだ開店してなかった。昨年は、この店で、乾燥しいたけやドライイチゴを買った。


Img_9436

 台湾新幹線・高鐵桃園までの指定席を確保するため、台北駅・高鐵の窓口へ。日曜日の朝ということで、なかなか混み合っている。

 台北9時36分発、桃園9時58分着の621列車を指定。座席は、5号車3A。


Img_9437

 台湾高鉄3日パス、この3日間で新幹線乗車は4回だけ。ちょっともったいない使い方だったか。でも、時間がなかったので仕方ないか。


Img_9442

 出発時刻が近づいてきたので、改札へ。


Img_9448

 列車の準備ができるまではホームに入れない。改札近くで待たされる。台湾新幹線の他の駅では、ここまで厳密に運用されてないような気がするが、台北駅ではきっちり待たされる。


Img_9450

 発車10分前になって、やっとホームへ。


Img_9452

 5号車3A席に到着。ここからだと、荷物置き場の様子が良く分かる。ちょうど座席2席分をつぶして、荷物置きのスペースを作っている。

 高鐵桃園に到着すれば、あとはバスで空港へ移動し、飛行機乗って日本へ帰るだけ。今回の旅も、もう終わりに近づいてきた。


| | コメント (0)

2016.04.04

2016年 台湾旅行記(35) 高鐵左営駅から新幹線で台北に戻る

Img_9402

 ホームに降りると、既に台北行き1682列車は到着しドアが開いていた。指定の2号車をさがし乗り込む。新幹線に乗れば、あとは終点の台北で降りるだけなので気がラク。土曜の夜ということもあるのか、乗客は少ない。


Img_9403

 指定席は2号車19A台北行きだと、進行方向2列目となる。日本の新幹線とちょっと異なるのは、客室の一部が荷物専用の場所になっているところ。日本の新幹線にも、こういう配慮は必要では無いだろうか。


Img_9404

 台北到着は21時48分。少し遅い時間だが、ホテルが駅のすぐそばなので気にならない。駅隣接のホテルは便利な上、安心感がある。

 「1682」という列車番号の隣に、左営駅のスタンプが押されている。スタンプの日付が「105.1.23」となっている。この「105」というのは、民国紀元。中華民国が成立した1912年を紀元(元年)とする紀年法である。西暦1912年が民国紀元1年なので、西暦2016年は民国紀元105年となる。


Img_9410

 週末夜の台湾新幹線は、乗客が少ないこともあり快適な列車旅となった。ほぼ定刻に高鐵台北駅に到着。


Img_9411

 ホテル最寄り出口に近い「中山地下街」方向へ進む。


Img_9414

 スロープと階段が組み合わされたプロムナードを下り、


Img_9417

 このエスカレーターを上がると、


Img_9419

 ホテルのすぐ前に出てくる。近くのローソンで、台湾ビールとつまみを買ってから、ホテル(ユリシスホテル 台北)に帰る。3流ホテルだが、立地だけでいうとかなり便利。しかも、フロントから「数歩」で自分の部屋に入れるところが、すばらしい。
 

| | コメント (0)

2016.04.03

2016年 台湾旅行記(34) 美麗島駅と六合夜市(動画)

| | コメント (0)

2016.03.30

2016年 台湾旅行記(33) 美麗島駅から高鐵左営駅へ移動

Img_9386

 六合夜市を一巡りした後は、また地下鉄に乗り、新幹線の駅がある左営駅へ向かう。ここ美麗島駅から6つめが左営駅。この出入口も、ちょっと変わったデザインになっていて、写真を撮っている人もいる。


Img_9389

 自販機で、またコイン状の切符を買い、改札にタッチして通過する。コイン形状の切符については、使い方にちょっとしたコツがある。改札機にコインでタッチする時、タッチは意識的に1回だけにすること。2回タッチしてしまうとエラーが出る。


Img_9390

 地下鉄の左営駅に到着した。高鐵左営は地上駅(橋上駅)なので、ここからどんどん上方に移動する必要がある。


Img_9392

 このエスカレーターで、いったん地上に出る。


Img_9393

 案内表示にしたがって、さらに上へ上へと移動する。


Img_9395

 このエスカレーターを上りきったところが、高鐵左営駅となる。


Img_9397

 天井が高く、豪華そうに見えるが、基本的にはシンプルな造り。飛行場のような雰囲気の駅である。


Img_9396

 列車表示を見る。どの列車も充分な空きがある。今19時17分なので、少し余裕をみて、19時48分発の1682列車の指定券を取ろう。


Img_9398

 高鐵3daysパスとパスポートを見せて、席を確保する。指定席は2号車19Aとなった。何も言わなくても、基本的には窓側の席を確保してくれる。


Img_9399

 左が台北方面(北上)、右が高雄方面(南下)。ただ、今のところ、この左営駅が終点なので、到着列車を表示しているのだろう。


Img_9401

 出発時刻が近づいてきたのでホーム(第2月台)へ降りる。高鐵3daysパスを使う場合、指定券を取るにも、改札を通り抜けるのにも、いちいち駅員にパスポートを見せ、確認してもらう必要があり、少々めんどうだが、何回もやっているうちにだいぶ慣れて、さほど気にならなくなってきた。
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧